相生高秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
相生 高秀
Takahide Aioi 1943.jpg
大分航空隊時代(1940年 - 1941年)の相生
生誕 1912年1月4日
日本の旗 大日本帝国 広島県
死没 1993年3月6日
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 日本海軍航空隊
Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1933年-1945年(帝国海軍)
- 1967年7月1日(海自)
最終階級 中佐(帝国海軍)
海将(海自)
テンプレートを表示

相生 高秀(あいおい たかひで、1912年1月4日 - 1993年3月6日)は、日本海軍軍人海上自衛官第二次世界大戦中には日本海軍航空隊に所属する撃墜王の1人としてその名を知られた。公式な撃墜記録は10機。最終階級は中佐(旧海軍)、海将(海自)。

経歴[編集]

1912年(明治45年)、広島県生まれ。父親も海軍出身、兵学校で運用科の下士官として勤務し退役後は兵学校剣道教員として勤務。呉一中学卒業後、海軍兵学校に59期生として入学。1931年(昭和6年)11月7日卒業。

装甲巡洋艦「浅間」乗組を経て[1]、1933年(昭和8年)飛行学生となる。翌年7月飛行学生教程を修了、館山航空隊に配属された。空母「龍驤」、佐伯航空隊を転属し、1937年(昭和12年)7月に第一二航空隊に配属され、その後大村航空隊に転属。

中国戦線[編集]

第一二航空隊時代の相生(1938年、漢口にて)

同年8月、第二次上海事変勃発で公大飛行場に転属。12月、大尉に昇進し、霞ヶ浦航空隊分隊長となり本土に帰還。1938年(昭和13年)3月、第一二航空隊分隊長となった。4月29日、漢口攻撃でI-15を2機撃墜。続いて6月26日、南昌攻撃で2機を撃墜。12月、空母「赤城」戦闘機隊分隊長となった。1939年(昭和14年)10月、第一二航空隊に転属。翌年1月、赤城に復帰。その後大分航空隊、横須賀航空隊、龍驤戦闘機隊に転属。

太平洋戦線[編集]

中国戦線から太平洋戦線に移ると、空母「龍驤」の艦載部隊の一員としてフィリピン侵攻作戦に参加した。1942年(昭和17年)2月、第二〇二航空隊の一員としてソロモン諸島の戦いのガダルカナル島航空作戦、ポートダーウィン航空作戦に参加。11月、少佐に昇進。1944年(昭和19年)8月、あ号作戦で壊滅した母艦航空隊を再建すべく第六〇一航空隊に転属し、飛行隊長として地上指揮に移る。同年のレイテ沖海戦にも、空母「瑞鶴」艦載部隊の一員として参加。10月、瑞鶴沈没後は駆逐艦に救出されフィリピン島に展開。1945年(昭和20年)春、本土に帰還し、第三四三航空隊の副長として敗戦を迎えた。

戦後[編集]

戦後は海上自衛隊に入隊。航空集団司令官や自衛艦隊司令官などを歴任した。

エピソード[編集]

相生から戦闘機パイロットの極意を叩きこまれた原田要(操練35期首席卒業)はつぎのようなエピソードを語っている。「相生中尉は、天性の恵まれた体格を持ち、運動神経も素晴らしく優れており、その上、人一倍の努力家で、私は心から尊敬していました。」[2]「相生中尉は物凄い腕力の持ち主で、「急降下して上昇に移る時に、一旦ピタっと停止し、それから上昇に移っていました。実際には、停止することなど有り得ないことですが、まるで一瞬止まったかのように見えるほど、急激に上昇して行くのです。」[3]

脚注[編集]

  1. ^ 現役海軍士官名簿. 昭和7年2月1日調 174ページ
  2. ^ 『わが誇りの零戦 祖国の為に命を懸けた男たちの物語』原田要著、桜の花出版、2013年 ISBN 978-4434184017  47ページ
  3. ^ 『わが誇りの零戦 祖国の為に命を懸けた男たちの物語』原田要著、桜の花出版、2013年 ISBN 978-4434184017  48ページ

参考文献[編集]

  • Hata, Ikuhiko; Yasuho Izawa, Don Cyril Gorham (translator) (1975 (original) 1989 (translation)). Japanese Naval Aces and Fighter Units in World War II. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 0-87021-315-6. 
  • 『日本海軍戦闘機隊〈2〉エース列伝』秦郁彦、伊沢保穂著、大日本絵画、2011年3月。