獏良了

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獏良了
Ryo Bakura
遊☆戯☆王のキャラクター
登場(最初) 原作・遊闘50「千年の敵1-謎の転校生-」
東映版アニメ・19話「大乱戦!!人気コンテスト 」
DM・第1話「戦慄のブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン」
作者 高橋和希
声優 柏倉つとむ(東映版)
井上瑤(DM・初代)
松本梨香(DM・二代目)
沼田祐介(ゲーム『モンスターカプセル』)
プロフィール
性別
親戚 童実野美術館オーナー(父)
天音(妹)

獏良 了(ばくら りょう、Ryo Bakura)は、高橋和希による漫画『遊☆戯☆王』およびそれを原作とする派生作品に登場する架空の人物。英語版での名前はBakura。

プロフィール[編集]

獏良了(表人格)としてのプロフィールを記載する。

概要[編集]

獏良了[編集]

千年アイテムの一つ「千年リング」の所持者。「童実野美術館」のオーナーでもある考古学者の父からエジプトの土産に千年リングを貰い、所持者となる。

童実野高校への転校生として初登場。中々学校に馴染めずにいたが、遊戯達と出会い、彼らの仲間入りを果たす。美少年で性格も物静かで穏やかだが毒舌家な面もある。手先が器用で、モンスターワールド編に登場したジオラマや、記憶戦争を再現したジオラマは全て獏良が作ったもの。「天音(あまね)」という妹がいるが、既に亡くなっており、獏良が彼女に寄せて手紙を書いている。制服は以前の学校のものを着用し続けている。

千年リングの影響で、獏良と親しくなった者達は次々と意識不明の昏睡状態に陥り、獏良が学校に馴染めない最大の原因となっていた。その後、遊戯の千年パズルを知った闇人格に意識を乗っ取られ、遊戯たちと冒険盤ゲーム「モンスターワールド」をプレイ。闇のゲームを展開させ命懸けの勝負を闇遊戯に挑む。このモンスターワールドには後述の「大邪神ゾーク・ネクロファデス」を元にバクラが生み出したとされる「闇の支配者ゾーク」がラスボスとして登場している[注釈 1]。王国編では千年リングへの恐れは克服していたが、バクラに再び乗っ取られるようにもなってしまう。記憶編においてバクラが消滅したことで千年リングの呪縛から解放され、戦いの儀では遊戯と闇遊戯の最終デュエルを見届けた。

アニメ第一作では転校生として登場する以前に街中で遊戯や野坂ミホと出会っており、DEATH-Tも観戦していた。

アニメ第二作では第1話から登場しており、TPPG編がカットされたことから転校生としては登場せず、制服も童実野高校のものを着用。遊戯たちとは友人だが行動を共にしていない。それゆえ、王国編では遊戯たちとは別にペガサス島を訪れた。闇遊戯とバクラのデュエルで闇遊戯を助けた後は、遊戯たちと行動を共にするようになり、決勝トーナメント前夜には杏子と本田と共にペガサスの秘密を暴こうとペガサス城内を捜索した。バトルシティ編以降は大食漢という意外な一面も見せるようになり、バトルシティ編では闇マリク消滅により現実世界に帰還した直後にバトルシップ内で人知れず大食しており、戦いの儀に赴く前にも大食していた(どちらもバクラに支配されていない状態だった)

バクラ[編集]

千年リングに宿り、獏良了の身体を乗っ取って現れる邪悪な意思。コンピュータゲーム等では闇獏良と表記される。バクラが身体を使っているときは、宿主である獏良にはその記憶がない。一人称は「オレ」や「オレ様」だが、初登場時のTRPG編では「ボク」も使っていた。

性格は冷酷非道かつ残虐。目的のためには手段を選ばず、敵対する者に力を貸すこともある。七つの千年アイテムを手中に収め、闇との契約により力を得ようと目論んでいる。獏良のことは「宿主」とも呼んでいる。

初登場のTRPG編では獏良の意識を奪い、彼の友人たちの魂をTRPG「モンスターワールド」の人形に移し替えて、意識不明の昏睡状態に陥れていた。遊戯たちの魂もゲームの最中、人形に移し替えるが、プレイヤーを引き継いだ闇遊戯とゲームキャラクターにされた遊戯たちの連携、獏良の抵抗により敗北した。

決闘者の王国編では当初は千年リングの中でおとなしくしていたが、キース一行の策略で遊戯たちが洞窟に閉じ込められた際、「遊戯たちを脱出させるために手を貸す」と約束して、獏良に千年リングを身に着けさせることで、再び獏良の身体を得る。ペガサス・J・クロフォードが遊戯に敗れた後、ペガサスが1人になったところを襲撃して暗殺、千年眼(ミレニアム・アイ)を強奪し、冥土の土産としてレプリカの千年眼を残し、その場を後にする。

DDD編ではD.D.D.で遊戯を負かして、千年パズルを手に入れようとする御伽親子に対し、「遊戯にはまだ千年パズルの所有者でなければ困る」という理由から遊戯に助け船を出す。そして、千年パズルが砕かれたことを機に「パラサイトマインド」を使用。千年パズル内の「真実の扉」探しを始めるようになる。

バトルシティ編からはデュエリストとしても活動。アンデット族や悪魔族、特殊な魔法・罠主軸のデッキを使い、相手の行動を制限したコンボを展開する。当初は「バトルシティ」には参加していなかったが、マリク・イシュタールと結託したことから自身も大会に飛び入り参加。バトルシティ決勝トーナメントでは闇遊戯とTRPG以来となるゲーム勝負を展開。「オシリスの天空竜」に対し、マリクは遊戯を封じるために獏良の命を盾にするが、バクラにとって、マリクの策は余計なことでしかなく、自身の敗北を認め、獏良の命を救った。準々決勝終了後、マリクから「リシドの命を狙う闇マリクを倒してくれれば、碑文を教える」という条件を飲み、闇マリクとのデュエルを行うが敗北。闇のゲームにより身体は消滅したが、意識は千年パズル内の「パラサイトマインド」に移し替えたことで消滅を免れる。闇マリク消滅後は現実世界に帰還。

古代編で正体が判明。3000年前、エジプトを恐怖に陥れた盗賊王バクラにしてゾーク・ネクロファデスの分身。元々、盗賊王バクラが神官アクナディンに自身の邪念を植え付け、そのアクナディンがゾーク・ネクロファデスの分身たる「闇の大神官」となったことで自分もまたゾークの分身となった存在。本人は自覚していなかったが、七つの千年アイテムを集めるのも邪神復活のためであった。

闇遊戯と闇の大神官の魂が投影されたRPGによる「記憶戦争」でゾークの復活を目論む。最後は名前を取り戻したアテムによって本体であるゾークが敗れ去ったことで自身もまた消滅した。

原作32巻の遊闘282で闇バクラが「記憶の世界だと…」という発言をしているが、ジャンプに掲載されていた時は「こいつもシャーディーの仲間なら早く始末しないとな…」という台詞だった。

遊戯とは千年アイテムを巡る宿敵の関係にあり、本作では戦いの儀を除けばラスボスである。

アニメ版第一作ではTRPG編以前の話にも登場し、DEATH-Tを見届けた後、遊戯たちに狙いを定めた。

アニメ版第二作では王国編以前の話がカットされた為、闇遊戯との初対決は王国編で描かれ、原作のモンスターワールドをアレンジしたデュエルを展開。遊戯たちの魂を彼らのお気に入りのカードに移し替え、原作同様に獏良の抵抗により敗北。自身の魂が墓地に送られてしまったが、ペガサス城で復活。海馬コーポレーションの重要書類の鍵も狙うが、本田の手で気絶させられ、千年リングは森に投げ捨てられてしまう。しかし、遊戯とペガサスのデュエル終了後、千年リングは自動で戻り、ペガサスを襲撃し、千年眼の強奪に成功した。尚、バクラが重要書類の鍵を狙った理由は描かれず、その後の話で書類を狙うことはなかった。 原作のDDD編で描かれた暗躍はバトルシティ編前章で描かれ、キースを操っている者が千年アイテムの所持者(マリク)であることも察した。 記憶編では記憶世界への突入の前に海馬とデュエルを行い、ディアバウンドに「青眼の白龍」の「滅びのバーストストリーム」を吸収させた。そして、記憶世界の罪人バクラに現実世界のバクラが憑依する形で記憶戦争が行われた。

デッキ[編集]

特殊な能力を持つ悪魔族やアンデッド族(原作では死霊モンスター)を中心とし墓地を肥やすことで強くなるオカルトデッキ、デッキ破壊をテーマにしたアンデッドロックデッキを使用する。

使用カード[編集]

ダーク・ネクロフィア
バクラのオカルトデッキのエースモンスター。バクラ曰く「オカルトデッキ最強最悪のモンスター」。墓地に存在する攻撃表示で5ターン以内に倒されたモンスター3体の魂を生け贄にして特殊召喚される特殊召喚モンスター。ダーク・ネクロフィアが墓地に送られた時、相手モンスターにマリオネットの霊魂を憑依させる特殊能力を持つ。
必殺技は念眼殺、効果名は邪霊破(スピリット・バーン)
ウィジャ盤
バクラの最強カードのもう一つ。劇中では上記モンスター「ダーク・ネクロフィア」が墓地へ置かれたときに発動し、その魂がウィジャ盤の文字「D」、「E」、「A」、「T」、「H」を毎ターン1文字ずつ指し示し、5文字が揃った時相手プレイヤーは死の敗北を迎えるという内容であった。
北米版ではウィジャ盤で現れる「DEATH(デス)」の言葉が「FINAL(ファイナル)」に変更されている。

担当声優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ オリジナルの獏良の魂はこの時一度昇天しており、それ以後の人格はこの時ゲームの駒に宿っていたコピーを肉体に移したもの。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『遊☆戯☆王 キャラクターズガイド -真理の福音-』集英社、2002年、28頁。
  2. ^ 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ、第13話。
  3. ^ ジャンプ・コミックス36巻、320頁。
  4. ^ ジャンプ・コミックス6巻、遊闘50。