牧尾ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
牧尾ダム
牧尾ダム
所在地 左岸:長野県木曽郡木曽町三岳薮原
右岸:長野県木曽郡王滝村二子持
位置 北緯35度49分27.3秒
東経137度36分10.4秒
河川 木曽川水系王滝川
ダム湖 御岳湖
ダム諸元
ダム型式 中央土質遮水壁型
ロックフィルダム
堤高 104.5 m
堤頂長 260.0 m
堤体積 2,616,000
流域面積 304.0 km²
湛水面積 247.0 ha
総貯水容量 75,000,000 m³
有効貯水容量 68,000,000 m³
利用目的 かんがい
上水道
工業用水
発電
事業主体 愛知用水公団→水資源機構
電気事業者 関西電力
発電所名
(認可出力)
三尾発電所
(35,000kW)
施工業者 西松建設
着工年/竣工年 1957年/1961年
テンプレートを表示

牧尾ダム(まきおダム)は、長野県木曽郡木曽町と木曽郡王滝村の境、木曽川水系王滝川に建設されたダムである。

概要[編集]

牧尾ダムは、高さは104.5mの中央土質遮水壁型ロックフィルダム1961年(昭和36年)に完成して以来、中京圏の水がめとして上水道工業用水かんがい用水を供給している。これにより尾張丘陵知多半島は悲願の安定した水供給が受けられるようになり、特に知多西部の名古屋南部臨海工業地帯は急速に発展。トヨタ自動車の自動車工場や新日鐵住金名古屋製鐵所等へも水を供給している。

王滝川の発電用水利権を持つ関西電力では、三尾発電所(みおはつでんしょ、35,000kW)にて牧尾ダムを上池、木曽ダムを下池とした揚水発電を行っている。利水と発電を目的とした多目的ダムであるが、洪水調節機能はない。

ダム湖は付近にそびえる御嶽山(おんたけさん)にちなみ御岳湖(おんたけこ)と命名された。周辺には温泉スキー場があり、多くの観光客が訪れる。また、御岳百草丸もこの近辺で作られている。

歴史[編集]

古来より渇水に悩まされていた尾張丘陵・知多半島にとって、かんがい用水のいち早い確保が求められていた。さらに戦後、名古屋市を中心とした中京圏では人口が急増。中京工業地帯の拡大によって上水道や工業用水の需要が急速に高まっていた。

こうした背景により尾張北部・知多方面に木曽川を水源とした用水の供給を図るべく、愛知用水計画が持ち上がった。愛知用水公団(現・独立行政法人水資源機構)は、水源として旧木曽福島町付近で木曽川に合流する王滝川にダムを建設し、木曽川中流部の兼山ダム地点にて取水、幹線水路によって知多半島南端まで結ぶことを計画した。 その一環として1957年(昭和32年)、牧尾ダム建設工事は着工され、世界銀行による資金援助も受けながら4年の歳月を費やし1961年(昭和36年)に完成した。

渇水問題[編集]

牧尾ダムは、しばしば渇水による貯水率の減少に悩まされている。これを受け第2・第3の水源として阿木川ダム阿木川)・味噌川ダム(木曽川)が建設されたが、1994年(平成6年)には知多半島で1日19時間の断水が十数日間続くという記録的な大渇水に見舞われ、トヨタ自動車の自動車関連工場等が操業時間短縮を余儀なくされた。また、同じ愛知用水を使用している春日井市の高蔵寺ニュータウンでも夜間断水が数日続き、後に水道を公団の管轄から春日井市内の管轄に変更したがいまだ春日井市高森台にある愛知県の高蔵寺浄水場にて愛知用水を処理して上水を作っている。

地震が及ぼした影響[編集]

1984年(昭和59年)、長野県西部地震が牧尾ダムを直撃した。ダム自体には被害を受けなかったが、直上流部の松越地区や濁川温泉で大規模な崖崩れ土石流が発生。大量の土砂が御岳湖へ流入し、一気に堆砂が進行した。

水資源機構は御岳湖を掘削して堆砂除去と有効貯水容量を確保する「牧尾ダム再開発事業」を計画。現在、事業を進めている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]