激突トマラルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
激突トマラルク
TOMARUNNER VS L'Arc〜en〜Ciel
ジャンル レーシングゲーム
対応機種 PlayStation
開発元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
プロデューサー 佐藤明(エグゼクティブ)
竹野史哉(エグゼクティブ)
桐田富和
ディレクター hyde(エグゼクティブ)
小谷浩之
プログラマー 塩崎英生
音楽 竹ノ内裕治
衛藤英幸
L'Arc〜en〜Ciel
人数 1 - 2人
メディア CD-ROM
発売日 2000年7月19日
2001年12月6日(PS one Books)
テンプレートを表示

激突トマラルク TOMARUNNER VS L'Arc〜en〜Ciel』(げきとつトマラルク トマランナー ヴァーサス ラルク アン シエル)は、2000年7月19日ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されたプレイステーションレーシングゲーム

概要[編集]

竹ノ内裕治による企画原案を膨らませた1999年7月22日発売のゲームソフト『激走トマランナー』(以下、『激走』)がベースで、そのマイナーチェンジ版にあたる。hydeL'Arc〜en〜Ciel)がこの『激走』を非常に気に入ったのがきっかけで、L'Arc〜en〜Cielのメンバーが全面的に企画へ参加するプロジェクトとなった。

本作では、L'Arc〜en〜Cielの4人をデフォルメしたキャラクターがメインキャラクターとして登場し、キャラクターボイスも4人の声を使用。一定条件を満たすことで、キャラクターによる「」のライヴ風映像をバックにしたエンディングクレジットが流れる。なお、コースの数や装飾・登場キャラクターは元となった『激走』から数点省かれており、ゲーム内容が完全に共通している訳ではない。また、あくまでL'Arc〜en〜Cielのメンバーをメインとしているため、『激走』のオリジナルキャラクターは対戦相手として本編に登場する。

サウンド[編集]

ゲーム内のBGMにもL'Arc〜en〜Cielの楽曲が使われている[1]。その他の曲は『激走』に引き続き、竹ノ内・衛藤英幸の2人が担当した。

遊び方[編集]

ルールは基本的に『激走』と共通で、プレイヤーはキャラクターを操作しながらステージを走り、「どんな手を使っても相手より先にゴールすれば勝ち」というルール。コーナーなどでは鉄棒に掴まったりマットにタッチすることによってスピードが上がるため、上手に使用することが速く走るコツとなる。また、コース上には時々障害物が登場する。

ホーミングミサイルや地雷など、相手を邪魔する武器を装備できたり、アイテムで能力を強化したり、またコスチュームチェンジが可能な点なども『激走』から引き継がれている。

キャラクター[編集]

hyde
スピードタイプのランナー。軽量で扱いやすく、初心者向け。ちなみに、デモプレイではhyde本人の操る「hyde」の走りが見ることが可能である。
ken
パワータイプのランナー。無精髭とサングラスが特徴。やや上級者向けと言える。
tetsu
テクニックに優れたランナー。シャア・アズナブルを想起させるセリフを多用する。「ロケットダッシュ」が使用可能。
yukihiro
耐久力があるランナー。ドラムスティックで攻撃することがある。「タツマキダッシュ」が使用可能。

この他、『激走』のオリジナルキャラクターも登場。

秘密のトマラン大会[編集]

関連イベントとして、「秘密のトマラン大会」が2000年11月に開催された[2]

ソニー・マガジンズから発行された公式攻略本「激突トマラルク PERFECT GUIDE BOOK[3]」に付属する応募券と合わせて、好タイムを記録したビデオを送付すると、抽選のうち10名はhyde本人と対決でき、100名はその模様を観戦できるというもの[4]。大会はパーティなどに用いられるクルーザー内で行われ、司会はラジオDJのやまだひさしが担当[2]。hydeに勝利すると、賞品としてhydeの私物(ミュージック・ビデオで本人が着用した衣装)やオリジナルグッズが贈呈された[2]

脚注[編集]

  1. ^ メニュー画面では「Larva」、レース中のBGMでは「STAY AWAY」「Driver's High」「trick」「ROUTE 666」のアレンジ版を使用
  2. ^ a b c 「L'Arc〜en〜Ciel Official Fan Club Magazine LE-CIEL」2000年冬号 p4-5、2000年。
  3. ^ ISBN 9784789793322
  4. ^ 「L'Arc〜en〜Ciel Official Fan Club Magazine LE-CIEL」2000年秋号 p26、2000年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]