海渡雄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かいど ゆういち
海渡 雄一
講演中の海渡雄一
生誕 1955年7月21日(59歳)
日本の旗 日本 兵庫県
出身校 東京大学
職業 弁護士
配偶者 福島瑞穂

海渡 雄一(かいど ゆういち、男性、1955年昭和30年)7月21日- )は、日本弁護士第二東京弁護士会所属。東京共同法律事務所所属。日本弁護士連合会秘密保全法制対策本部副本部長、監獄人権センター事務局長、公害対策環境保全委員会委員。脱原発弁護団全国連絡会共同代表、脱原発法制定全国ネットワーク事務局長。『グリーンピース・ジャパン』元理事長。

弁護士で参議院議員福島瑞穂(元社会民主党党首)とは、夫婦別姓を実行するため婚姻届を提出しない事実婚関係にある[1]

人物[編集]

兵庫県伊丹市生まれ。灘中学校・高等学校では地学部天文班に所属し、科学者を志望していたが、高校2年の時、灘OBの東大理学部生と話すうちに「これはかなわない」と思い、文系に転向[2]

弁護士としては、早くから通信傍受法を問題視し、最近では共謀罪を批判している。また、監獄内の人権に関する活動をライフワークとしている。事務所は、東京共同法律事務所(東京都新宿区新宿1丁目)。

2011年平成23年)8月20日ニューヨーク・タイムズに「日本で最も有名な反原発カップル」と評された[1]

略歴[編集]

監獄内の人権に関する活動[編集]

監獄内の人権状況の改善のため、1995年(平成7年)に監獄人権センター(NPO法人)を設立し事務局長に就任。被拘禁者の人権侵害事件における損害賠償請求事件などを多数手がけた。1998年(平成10年)には、国連人権高等弁務官事務所主催の専門家会議「刑務官に対する人権教育」に招待された。監獄人権センターは、2003年(平成15年)、東京弁護士会人権賞を受賞している。

過去に係わった訴訟や事件[編集]

著作(共著含む)[編集]

  • 『刑事司法改革ヨーロッパと日本』(岩波ブックレット269、岩波書店)1992年
  • 『男が語る家族・家庭』(ドメス出版)1994年
  • 『監獄と人権』(明石書店)1995年
  • 『監獄と人権 2』(明石書店)2004年
  • 『共謀罪とは何か』(岩波ブックレット686)2006年
  • 『危ないぞ!共謀罪』(樹花舎)2006年
  • 『憲法の危機をこえて』(明石書店)2007年
  • 『刑務所改革』(日本評論社)2007年
  • 『刑事司法改革と刑事訴訟法 下』(日本評論社)2007年
  • 『国際社会が共有する人権と日本』(明石書店)2008年
  • 『刑罰に脅かされる表現の自由』(現代人文社)2009年
  • 『公害・環境訴訟と弁護士の挑戦』(法律文化社)2010年
  • 『講座国際人権法 3』(信山社)2011年
  • 『原発訴訟』(岩波書店)2011年
  • 『北海道電力<泊原発>の問題は何か』(寿郎社)2012年
  • 『福島原発で何が起きたか』(岩波書店)2012年
  • 『何のための秘密保全法か』(岩波ブックレット853)2012年
  • 『脱原発を実現する』(明石書店)2012年
  • 『原発の安全と行政・司法・学界の責任』(法律文化社)2013年
  • 『秘密法で戦争準備・原発推進』(創史社)2013年
  • 『反原発へのいやがらせ全記録――原子力ムラの品性を嗤う』(明石書店)2014年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 最も有名な反原発カップル 福島党首と海渡氏に米紙”. 共同通信 (2011年8月21日). 2011年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月21日閲覧。
  2. ^ ロイヤーズマガジン2009年3月号

外部リンク[編集]

弁護士の肖像 海渡雄一 『ロイヤーズマガジン』 2009年3月