東藤原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東藤原駅
駅舎と保存されている貨車
駅舎と保存されている貨車
ひがしふじわら - HIGASHIFUJIWARA
伊勢治田 (2.3km)
(2.3km) 西野尻
所在地 三重県いなべ市藤原町東禅寺895
所属事業者 三岐鉄道
所属路線 三岐線
キロ程 23.1km(富田起点)
電報略号 フジ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
55人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1931年昭和6年)7月23日
構内

東藤原駅(ひがしふじわらえき)は、三重県いなべ市藤原町東禅寺にある、三岐鉄道三岐線である。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅

西側に数本の側線があり、駅北側には太平洋セメント藤原工場への専用線がある。使用されていない貨車は隣の伊勢治田駅に留置されていることが多い。駅前に、ホキ5700形貨車(ホキ25767号)が保存されている。

貨物輸送[編集]

当駅の太平洋セメント藤原工場より、旧・四日市港駅にある太平洋セメント藤原工場出荷センターへセメント輸送貨物列車が運行されている。また衣浦臨海鉄道碧南市駅との間に往路は炭酸カルシウム中部電力碧南火力発電所で使用)を、復路はフライアッシュ(石炭灰・碧南火力発電所で発生)を輸送する貨物列車も運行されている。

かつては、膳所駅にある太平洋セメント大津サービスステーションや、西浜松駅にあるセメントターミナル浜松営業所、坂祝駅にある太平洋セメント坂祝サービスステーションへのセメント輸送貨物列車も運行されていたが、前記1箇所は2005年(平成17年)3月に、後記2箇所は2007年(平成19年)3月に廃止されている。

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 49
1998年 45
1999年 40
2000年 35
2001年 44
2002年 41
2003年 41
2004年 36
2005年 46
2006年 45
2007年 47
2008年 41
2009年 37
2010年 37
2011年 37
2012年 55
  • 東藤原駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
    • 以前は当駅利用客は一貫して減少していたが、最近では保々-西藤原間の列車増発効果もあって若干増加傾向にある。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

三岐鉄道
三岐線
伊勢治田駅 - 東藤原駅 - 西野尻駅

関連項目[編集]