東京の女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東京の女」(とうきょうのひと)は、1970年に発表されたザ・ピーナッツの楽曲である。

概要[編集]

当時現役グループ・サウンズの一つであったザ・タイガースに所属していた沢田研二の作曲により、1970年に発表されたものである。沢田はこの他にもザ・ピーナッツには数曲を提供している。

歌詞は5番まで存在している。歌い終わりの歌詞に出てくる東京の地名は、1番から順に「銀座」「赤坂」「青山」「新宿」「東京」となっている。

発表された1970年の『第21回NHK紅白歌合戦』でも一部(ワンコーラス分)をカットの上で歌唱されていた。「大阪の女」と違い、曲調は演歌調ではない(和製ポップス調)。この映像はNHK内にカラー映像で保存されている。

作成者[編集]

カバー[編集]

参考文献・出典[編集]

  • キングレコード「ザ・ピーナッツ メモリーズBOX」解説書(2004年発売)


先代:
ウナ・セラ・ディ東京(2)
ザ・ピーナッツ
NHK紅白歌合戦歌唱楽曲
1970年・第21回
次代:
サンフランシスコの女