李海ウォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「李海」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
イ・ヘウォン
이 해원
李 海瑗
生誕 1919年2月24日(95歳)
日本の旗 大日本帝国朝鮮 京城府鍾路区
李海瑗
各種表記
ハングル 이해원
漢字 李海瑗
発音: イ・ヘウォン
日本語読み: り かいえん
テンプレートを表示

李 海瑗(り かいえん/イ・ヘウォン、이 해원1919年 - )は、李氏朝鮮(李朝)の旧王族の一人で、大韓帝国皇位請求者。大韓帝国皇帝高宗の第5皇子義親王李堈側室の間に次女として生まれ、高宗の5親等の甥である李埼镕(イ・ギヨン)の養女となった。現在のところ李王家末裔の中では最年長で、李王家第30代当主を主張して、甥の李源と争っている。

出生と結婚[編集]

1919年京城府(現・ソウル特別市鍾路区の寺洞宮に生まれ、鐘路小学校に通った後、雲峴宮に暮らした。1936年に京畿高等女学校(→旧制中等教育学校の一覧#京畿道、現・京畿女子高等学校)を卒業し、慶應義塾大学卒の李昇圭と結婚して三男一女を儲けたが、李昇圭は朝鮮戦争中に北朝鮮に拉致された。

皇位継承[編集]

2006年9月29日、李朝の末裔10人余りで結成された団体、大韓帝国皇族会は、先代当主李玖の死を受けて皇位継承式を開催し、李海瑗を象徴的な女帝に推戴した。李海瑗は皇位継承式の中で「大韓帝国女皇」を称し、大韓帝国皇室の復活を宣言した。一方、大韓民国政府はこのことについて何ら公式なコメントはなく、黙殺している状態である。

世論[編集]

李王家の内部では、全州李氏大同宗約院常任理事会の議決で義親王李堈の孫・李源2005年に李玖の養子として入籍し、すでに皇嗣孫の称号を受けていたことからこの推戴・李王家当主就任に対し全州李氏大同宗約院をはじめ、わが皇室愛の集まり大韓皇室再建会など他の李朝の子孫の団体は、李海瑗の推戴を無効として反対の立場を表明している。また、韓国国内では皇室を韓国文化としてその復活に賛成する立場もあるが、日本の台頭を許した皇室の責任を問う声や、あるいはすでに消滅した皇室の復活運動をするのは時代錯誤である、という反対の立場も多い。

系図[編集]

李 海瑗の親類・近親・祖先の詳細


配色
      朝鮮国王、大韓皇帝       世子       大君、大院君       王族       璿派人       その他

 
 
 
仁祖
第16代国王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭顕世子
仁祖の長男
孝宗
第17代国王
 
 
 
 
 
麟坪大君㴭
仁祖の三男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顕宗
第18代国王
 
 
 
 
 
福寧君栯
麟坪大君の長男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
粛宗
第19代国王
 
 
 
 
 
義原君爀
福寧君の次男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
景宗
第20代国王
英祖
第21代国王
延齢君昍
粛宗の六男
 
安興君淑
義原君の長男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
真宗
英祖の長男
荘祖
英祖の次男
 
 
 
 
 
 
李鎮翼
安興君の長男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正祖
第22代国王
真宗の養子
恩彦君裀
荘献世子の次男
恩信君禛
荘献世子の四男
延齢君の養子
 
李秉源
李鎮翼の長男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
純祖
第23代国王
全渓大院君㼅
恩彦君の三男
 
南延君球
李秉源の次男
恩信君の養子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
文祖
純祖の長男
哲宗
第25代国王
純祖の養子
 
興宣大院君昰応
南延君の四男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
憲宗
第24代国王
高宗
第26代国王
初代皇帝
文祖の養子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
純宗
第2代皇帝
初代李王
李堈
高宗の五男
李垠
第2代李王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
李海瑗
李堈の次女
李鉀
李堈の九男
李玖
李王世子
 
 
李源
李鉀の長男


関連項目[編集]

先代:
李玖
李王家当主
(第30代当主:2006年 - )
次代: