李源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
李源
李源
各種表記
ハングル 이원
漢字 李源
発音: イ・ウォン
日本語読み: りげん
ローマ字 I Won
テンプレートを表示

李源(りげん/イ・ウォン、1962年9月23日 - )は李宗家の第30代当主。李氏朝鮮王族の子孫。皇位請求者。李氏朝鮮第26代国王にして大韓帝国初代皇帝である高宗曾孫にあたる。

義親王李堈の第9王子李鉀の長男として生まれる。当時の名前は相協(상협、サンヒョプ)と称した。

1981年ソウル文高等学校を卒業したのち父親と共に渡米、ニューヨーク工科大学において新聞放送学を修めた。アメリカのケーブルテレビ局でプロデューサーとして働き、韓国に帰国後は現代放送などにプロデューサーとして勤めた。2001年現代ホームショッピングに入社、児童スポーツ部長に就任する。

2005年7月、李鉀の従兄に当たる直系の李玖が死去。これに伴い彼の養子となり、第30代当主として李王家の正式な後継者(皇嗣孫)李源となる。

2006年10月29日に叔母・李海瑗が李王家第30代当主を主張したことにより、当主の座をめぐって彼女と争っている。

今は当主として儀式や祭祀に専念している。京畿道高陽市のアパートに住んでおり2人の息子がいる。

李宗家関連団体[編集]

李源の李宗家第30代当主継承 承認・支持派
  • 全州李氏大同宗約院
    • 李朝王族の子孫達が設立した社団法人。李王家継承者の決定、及び祭祀を行う。大韓帝国皇族会を未承認。
  • 大韓皇室再建会
    • 大韓帝国皇族会を未承認。
  • わが皇室愛の集まり(愛我們的皇室會)
    • 2001年、李朝王室の象徴的な復活を希望する人々が設立。大韓帝国皇族会を未承認。
李源の李宗家第30代当主継承 未承認・反対派

系図[編集]

李源の親類・近親・祖先の詳細


配色
      朝鮮国王、大韓皇帝       世子       大君、大院君       王族       璿派人       その他

 
 
 
仁祖
第16代国王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭顕世子
仁祖の長男
孝宗
第17代国王
 
 
 
 
 
麟坪大君㴭
仁祖の三男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顕宗
第18代国王
 
 
 
 
 
福寧君栯
麟坪大君の長男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
粛宗
第19代国王
 
 
 
 
 
義原君爀
福寧君の次男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
景宗
第20代国王
英祖
第21代国王
延齢君昍
粛宗の六男
 
安興君淑
義原君の長男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
真宗
英祖の長男
荘祖
英祖の次男
 
 
 
 
 
 
李鎮翼
安興君の長男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正祖
第22代国王
真宗の養子
恩彦君裀
荘献世子の次男
恩信君禛
荘献世子の四男
延齢君の養子
 
李秉源
李鎮翼の長男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
純祖
第23代国王
全渓大院君㼅
恩彦君の三男
 
南延君球
李秉源の次男
恩信君の養子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
文祖
純祖の長男
哲宗
第25代国王
純祖の養子
 
興宣大院君昰応
南延君の四男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
憲宗
第24代国王
高宗
第26代国王
初代皇帝
文祖の養子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
純宗
第2代皇帝
初代李王
李堈
高宗の五男
李垠
第2代李王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
李海瑗
李堈の次女
李鉀
李堈の九男
李玖
李王世子
 
 
李源
李鉀の長男


関連項目[編集]

先代:
李玖
全州李氏当主
第30代当主:2005年 -
次代: