本多忠民

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
本多 忠民
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文化14年2月26日1817年4月12日
死没 明治16年(1883年1月29日
別名 子駿(号)
墓所 東京都府中市紅葉丘の誓願寺
官位 従四位下、侍従上総介、中務大輔、美濃
幕府 江戸幕府寺社奉行京都所司代老中
三河国岡崎藩
氏族 水戸松平家本多氏
父母 父:松平頼儀
養父:本多忠考
兄弟 松平頼該松平頼胤松平頼顕忠民、倫(松平頼恕正室)、粲(井伊直亮正室)、娘(板倉勝明正室)
正室:本多忠考の娘
久(貞操院、本多忠直正室)
養子:忠肇忠直

本多 忠民(ほんだ ただもと)は、幕末の大名、老中三河岡崎藩主。忠勝系本多家宗家15代。讃岐高松藩松平頼儀の四男。

岡崎藩主本多忠考の婿養子となり、天保6年(1835年)5月1日将軍徳川家斉に拝謁する。同年5月24日、養忠考の隠居により家督を継ぐ。同年12月16日、従五位下中務大輔に叙任する。

弘化3年(1846年)に寺社奉行となる。安政4年(1857年)に京都所司代に転任し、朝廷対策、特に条約締結問題で朝幕間を奔走した。万延元年(1860年)より2年ほど老中を務める。元治元年(1864年)に再任の台命が下ったときは一旦は固辞しているが、結局就任した。戊辰戦争の際は岡崎藩を恭順に統一した。

明治2年(1869年)2月20日、隠居して婿養子の忠直に家督を譲った。明治16年(1883年)に死去した。

経歴[編集]