朔州市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 山西省 朔州市
朔州市の位置
朔州市の位置
中心座標 北緯39度19分 東経112度25分 / 北緯39.317度 東経112.417度 / 39.317; 112.417
簡体字 朔州
繁体字 朔州
Shuòzhōu
カタカナ転記 シュオヂョウ
国家 中華人民共和国
山西
行政級別 地級市
成立 1989年
市委書記
市長
面積
- 総面積 10,600 km²
人口
- 総人口(2002) 147.45 万人
経済
電話番号 0349
郵便番号 038500
行政区画代碼 240600
公式ウェブサイト http://www.shuozhou.gov.cn/

朔州市(さくしゅう-し)は中華人民共和国山西省北西部に位置する地級市三国時代の武将張遼の出身地。石炭採掘が盛んで、巨大な露天掘り炭鉱複数を含む中国有数の規模の平朔炭鉱が所在する。

地理[編集]

山西省の西北部に位置し、大同市忻州市内モンゴル自治区に接する。元子河と恢河が合流し、桑乾河となって河北省方面へ流れている。

年間降水量428mm、年平均気温6.4℃。

歴史[編集]

春秋以前、朔州は北狄の活動範囲であり、戦国期の版図に入った。秦代には雁門郡が設置され、漢代に初めて馬邑県中陵県劇陽県影館県汪陶県埒県楼煩県善無県の8県が設置され雁門郡に属した。後漢末の戦乱期、朔州では農民の逃亡が相次ぎ、これらの県は人口希薄となり名目的な存在となっている。

晋代になると、荒廃した朔州復興を目的に峪嶺(現在の雁門関)以北からの移民を奨励した。これより人口も増加、北魏が山西省に建都すると、朔州は畿内となり桑乾郡(山陰東部)、繁峙郡(応県東)、馬邑郡の3郡が設置されている。

621年武徳4年)、唐朝は馬邑郡を朔州と改称し、現在の地名が史書に登場することとなる。しかし742年天宝元年)、再び馬邑郡と改められている。

後晋936年天福元年、朔州はに割譲されると順義軍節度となり副京の一つである西京道に属した。五代元代を通じては鄯陽県と称され、宋は朔寧府の府治が、金元皆では朔州の州治が設置されている。

清代は朔州は大同府のに移管され、中華民国の成立まで沿襲された。1912年、州制の廃止に伴い朔州は朔県と改称、雁門道に帰属したが、道制廃止に伴い翌年山西省に移管されている。

中華人民共和国が成立すると、当初は察哈爾省の管轄とされたが、1952年に山西省に移管されている。1989年1月、朔県、平鲁県、山陰県を管轄する地級市としての朔州市が成立、1993年7月の雁北地区廃止に伴い、その管轄であった応県、右玉県、懐仁県が移管され現在に至る。

行政区画[編集]

応県にある仏宮寺釈迦塔(応県木塔、中国最大最古の八角木塔)

2市轄区・4県を管轄下に置く。

年表[編集]

晋北専区(1956年)[編集]

朔州市[編集]

交通[編集]

空港

鉄道

道路

  • 大運高速道路

外部リンク[編集]