清徐県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 山西省 清徐県
簡体字 清徐
繁体字 清徐
Qīngxú
カタカナ転記 チンシュー
国家 中華人民共和国
山西
地級市 太原市
行政級別 県級市
建置 596年
改編 1952年
面積
- 総面積 607 km²
人口
- 総人口(2004) 29 万人
経済
電話番号
郵便番号 030400
ナンバープレート 晋A
行政区画代碼 140121
公式ウェブサイト http://www.qx.gov.cn/

清徐県(せいじょ-けん)は中華人民共和国山西省太原市に位置する

酢の生産が盛んであり、「酢都」を自称する。町の中心にある酢都広場には、酢の醸造甕をかたどった巨大なモニュメントが置かれ、正面には「酢」と大書されている。

歴史[編集]

596年開皇16年)、隋朝により清源県が設置される。606年大業2年)に廃止となり晋陽県に編入されたが、唐朝が成立すると618年武徳元年)に再設置された。1763年乾隆28年)に清朝により清源県が廃止されたが、1912年民国元年)に再設置されている。

またこれとは別に1189年大定29年)には金朝により徐溝県が設置された。

1952年、清源県及び徐溝県が合併し清徐県が成立、現在に至る。

行政区画[編集]

  • 鎮:清源鎮、東于鎮、徐溝鎮、孟封鎮
  • 郷:馬峪郷、柳杜郷、西谷郷、王答郷、集義郷

関連項目[編集]

中国地名の変遷
建置 596年
使用状況 清徐県
清源県
清源県
五代 清源県
北宋/ 清源県
南宋/ 清源県・徐溝県
清源県・徐溝県
清源県・徐溝県
徐溝県
中華民国 清源県・徐溝県
現代 清源県・徐溝県
清溝県