有明フェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国道389号標識 有明フェリー(ありあけフェリー)は、有明海自動車航送船組合が運航するフェリーである。この航路は1993年平成5年)4月以降、一般国道389号の海上区間を結ぶものとなっている。

概要[編集]

乗客からの餌を求めて群がるカモメ
  • 航路 : 熊本県玉名郡長洲町長洲の長洲港 - 長崎県雲仙市国見町土黒甲の多比良港(14km)
  • 便数 : 午前6時 - 午後8時までの間、通常期(Aダイヤ)に19便、オフ期(Bダイヤ)に16便(2010年(平成22年)4月現在)
  • 所要時間(片道) : 約40分
  • 運賃(片道) : 大人430円、こども(小学生以下)220円。
  • 利用状況
長崎自動車道九州自動車道から離れている島原半島の住民にとっては、福岡・本州方面への重要な足の一つとなっている。有明海の北側の比較的穏やかな内海を航行するフェリーということもあり、就航率90%以上を誇っている[要出典][1]
  • 他交通機関との接続
長洲町側では、最寄りのJR九州長洲駅と2.2km以上離れており自動車でも10分ほどを要し、また産交バスの路線本数も少ない。
1968年昭和43年)から1997年(平成9年)まで、長崎 - 熊本間の特急バス「ありあけ号」がこの航路経由で運行されていた。
  • その他
冬場にはカモメが乗客からの餌を求めフェリーに群がり、乗客による給餌も盛んに行われている。フェリー内の売店でも餌として『かもめパン』販売している。また、運が良ければ船上からスナメリを観察することができる。

有明海自動車航送船組合[編集]

有明海自動車航送船組合(ありあけかいじどうしゃこうそうせんくみあい)は、長崎県熊本県により構成される一部事務組合である。組合の条例により、事業に地方公営企業法の財務規定を適用している。 組合管理者は両県の知事が2年交代で務めていたが、2008年(平成20年)に組合の規約が改正され、知事以外から管理者が選ばれることとなった。

沿革[編集]

長崎県営バス「ありあけ号」

昭和[編集]

  • 1956年(昭和31年) : 有明海自動車航送船組合設置。
  • 1958年(昭和33年) : 多比良 - 長洲航路の運航開始に伴い「有明丸」が就航(6往復)。
  • 1959年(昭和34年) : 「第二有明丸」が就航し二隻体制となる(10往復)。
  • 1967年(昭和42年) : 「第三有明丸」が就航し三隻体制となる(14往復)。
  • 1968年(昭和43年) : 長崎市-熊本市を結ぶ特急バス「ありあけ号」運行開始。
  • 1971年(昭和46年) : 「第五有明丸」が就航し4隻体制となる(24往復)。
  • 1977年(昭和52年) : 「第六有明丸」が就航。
  • 1985年(昭和60年) : 「第八有明丸」が就航。
  • 1988年(昭和63年) : 「第十有明丸」が就航。

平成[編集]

  • 1994年(平成6年) : 「サンライズ」が就航。また多以良港に新ターミナルビルが完成。 
  • 1996年(平成8年) : 長洲港に新ターミナルビルが完成。
  • 1997年(平成9年) : ありあけ号運行休止。
  • 2000年(平成12年) : 運航効率改善のため長洲港に二層式可動橋が完成。従来の4隻体制から3隻体制での運航が可能となる。
  • 2001年(平成13年) : 多比良港に二層式可動橋が完成。
  • 2012年(平成24年) :「有明みらい」が就航[2]

船舶[編集]

運航中の船舶[編集]

  • 第八有明丸
1985年(昭和60年)3月竣工。722総トン、全長57.3m、幅12.8m、2,600馬力、最大速力14.6ノット、林兼造船建造。
旅客定員470名。車両積載数:75台(乗用車換算)
  • 第十有明丸
1988年(昭和63年)2月竣工。721総トン、全長57.0m、幅12.8m、2,600馬力、最大速力14.7ノット、林兼造船建造。
旅客定員470名。車両積載数:75台(乗用車換算)
  • サンライズ
1994年(平成6年)2月竣工。888総トン、全長59.3m、幅13.4m、3,600馬力、最大速力15.6ノット、林兼造船建造。
旅客定員490名。車両積載数:85台(乗用車換算)
  • 有明みらい
2012年(平成24年)4月竣工・28日就航。759総トン、全長57.3m、前畑造船建造。
旅客定員450名。車両積載数:69台(乗用車換算)。バリアフリー対応。第八有明丸の代替[2]

過去に運航していた船舶[編集]

  • 有明丸
1958年(昭和33年)就航。1964年(昭和39年)の東京オリンピックでは、聖火輸送の大役を担った。
  • 第二有明丸
1959年(昭和34年)就航。
  • 第三有明丸
1967年(昭和42年)就航。就航時は一層甲板だったが、1973年に輸送力増強のため二層甲板化改造を実施。
  • 第五有明丸
1971年(昭和46年)就航。後に第三有明丸と同様に二層甲板化改造を実施。
  • 第六有明丸
1977年(昭和52年)就航。就航当初より二層甲板を装備。
  • 第七有明丸
1980年(昭和55年)就航。車両甲板を改良し、従来の船では不可能だった大型トレーラー等の輸送に対応。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ このため、島原外港⇔熊本新港間のフェリーが欠航していても、有明フェリーは就航しているということもままある。
  2. ^ a b 初のバリアフリー「有明みらい」28日就航 - 長崎新聞2012年4月26日

参考文献[編集]

  • イカロスMOOK 『日本全国たのしい船旅2』 イカロス出版、2006年(平成18年)。

外部リンク[編集]