拓跋鬱律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213簡体字)が含まれています詳細

拓跋鬱律呉音:たくばつ うちりち、漢音:たくばつ うつりつ、拼音: Tuòbá Yùlǜ、? - 321年没)は、鮮卑拓跋部の大人(たいじん:部族長)および五胡十六国時代代国の王(在位:317年 - 321年)。父は拓跋弗、子には拓跋翳槐拓跋什翼拓跋孤がいる。

生涯[編集]

穆帝3年(310年)、并州刺史代国に遣使を送り、子の劉遵を人質とさせた。拓跋猗盧はその意を喜び、厚く褒美を贈る。白部大人は叛いて西河に入り、これに応じて匈奴鉄弗部劉虎雁門で挙兵し、劉のいる新興、雁門の2郡を攻める。劉は援軍を要請し、猗盧は甥の拓跋鬱律の将騎2万を使い、劉を助けこれを撃ち、白部を大破する。

穆帝9年(316年)、穆帝文平帝哀帝が相次いで亡くなり、思帝の子の鬱律が即位した。

平文帝2年(318年)、鉄弗部の劉虎は朔方に拠り、代国西部に侵攻してきた。拓跋鬱律はこれを大破し、劉虎を敗走させる。劉虎の従弟の劉路孤は部落を率いて帰順してきたので、鬱律は娘をやった。このころの代国は、西は烏孫の故地を兼ね、東は勿吉以西を併呑し、騎射ができる将は100万にのぼったという。この年、劉聡が死んで子の劉粲が立つが、在位1か月でその外戚のに殺されたので、劉淵の族子の劉曜が立った。劉曜は遣使を送り代国に和親をはかったが、鬱律は愍帝が劉曜に殺されたと聞いていたので、受け入れなかった。

平文帝3年(319年)、石勒は自ら趙王と称し、代国と和親をはかり、兄弟となることを請うた。しかし、鬱律は遣使を斬り捨て断絶する。

平文帝4年(320年)、涼州刺史張茂の遣使が代国に朝貢する。

平文帝5年(321年)、東晋元帝が遣使を送り爵位を与えるが、鬱律はこれを断った。桓帝の后(祁氏)は、鬱律が衆の心を得ているのに対し、自分の子に利がないのを恐れて、鬱律と諸大人(たいじん:部族長)を殺し、死者は数10人に及んだ。鬱律の死後は祁氏の子、拓跋賀が即位した。

のちに、北魏道武帝より、太祖平文皇帝と追尊された。

宗室[編集]

参考文献[編集]

  • 魏書』(帝紀第一、列伝第一、列伝第二)
先代:
哀帝
代王
第4代:317年 - 321年
次代:
拓跋賀