拓跋猗イ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「拓跋猗」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213簡体字CJK統合漢字拡張A)が含まれています詳細

拓跋猗[1](たくばつ いい、Tuòbá Yīyí、? - 305年)は、鮮卑族の中部拓跋部の大人(たいじん:部族長)。拓跋沙漠汗の長男で、弟には拓跋猗盧拓跋弗、子には拓跋普根拓跋賀拓跋がいる。『宋書』では「索頭単于(いだ、Yītuó)」と書かれる。

生涯[編集]

昭帝元年(295年)、叔父である拓跋禄官が大人となると、拓跋部を三分割し、拓跋猗代郡参合陂の北、中部拓跋部を統治した。

昭帝3年(297年)、拓跋猗は漠北を渡って西の諸国を攻略した。

昭帝7年(301年)、拓跋猗は5年間に及ぶ西略から帰国し、20余国を帰順させてきた。

昭帝10年(304年)、匈奴劉淵が離石で叛き、自ら漢王と号す。并州刺史司馬騰は拓跋部に援軍を要請した。拓跋猗は10余万騎を率い、拓跋禄官もこれに呼応し、西河郡上党郡で劉淵の軍を大破させた。

昭帝11年(305年)、劉淵は司馬騰を攻め、司馬騰はまた援軍を要請した。拓跋猗は軽騎数千でこれを救い、劉淵の配下の母豚を斬る。劉淵は蒲子に南走。は拓跋猗大単于,紫綬金印を下賜した。この年、拓跋猗は死去した。中部拓跋部は子の拓跋普根が後を継いで統治した。

のちに、北魏道武帝より桓皇帝と追尊される。

宗室[編集]

    • 文平帝(拓跋普根)…長男
    • 恵帝(拓跋賀)…次男
    • 煬帝(拓跋那)…三男

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 」の字は「施」から偏()を除いた形状。

参考文献[編集]

  • 宋書』(列伝第五十五索虜)
  • 魏書』(帝紀第一)
  • 北史』(魏本紀第一)
先代:
中部拓跋部の大人
295年 - 305年
次代:
拓跋普根