元曄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東海王 元曄
北魏
第11代皇帝
王朝 北魏
在位期間 530年 - 531年
姓・諱 元曄
華興
小字 盆子
生年 不詳
没年 532年
扶風王元怡
衛氏
皇后 爾朱皇后
年号 建明 : 530年 - 531年

元 曄(げん よう、? - 532年)は、北朝北魏の第11代皇帝(在位:530年 - 531年)。諡号廟号はなく、廃位後の王号で東海王と呼ばれる。曾祖父は太武帝の長男で皇太子であった拓跋晃(恭宗・景穆帝)、祖父は南安王拓跋楨文成帝の弟)、父は扶風王元怡である。

生涯[編集]

北魏の宗室として、起居郎から通直散騎常侍に昇進した。孝荘帝の代に長広王に封じられ、また太原太守として赴任し、行并州事を兼ねた。

530年、当時の北魏の実力者であった爾朱栄が孝荘帝によって殺害され、その後孝荘帝が爾朱栄の一族の手で殺害された後、爾朱栄の一族の爾朱世隆(栄の甥)らによって北魏の皇帝として擁立された。

だが宗室の傍系であり、また人望にも欠如していたため、爾朱世隆らによって531年に廃され、その後即位した元恭(節閔帝)によって東海王に封じられた。翌532年に後難を除くべく、爾朱世隆らが孝武帝の承認を得て殺害したという。

妻子[編集]

后妃[編集]

  • 爾朱皇后

[編集]

なし

伝記資料[編集]

  • 魏書』本紀巻11 帝紀第11
  • 『魏書』巻19下 列伝第7下
  • 北史』巻18 列伝第6