拓跋悉鹿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

拓跋悉鹿呉音:たくばつ しちろく、漢音:たくばつ しつろく、拼音:Tuòbá Xīlù、? - 286年)は、鮮卑拓跋部の大人(たいじん:部族長)で、拓跋力微の子。兄弟に拓跋沙漠汗拓跋綽拓跋禄官がいる。

生涯[編集]

神元帝58年(277年)、父の拓跋力微が104歳で死ぬと、子の拓跋悉鹿が後を継いで大人となった。当時、征北将軍衛瓘の「離間の計」により、賄賂を受け取っていた烏丸王の庫賢が、部内をさんざんにかき乱しており、それまで従っていた諸大人は拓跋部から次々と離反していった。

章帝9年(286年)、拓跋悉鹿が死ぬと、弟の拓跋綽が代わりに立った。

のちに、北魏道武帝により章皇帝と追尊された。

参考文献[編集]

  • 魏書』(帝紀第一)
先代:
拓跋力微
拓跋部の大人
278年 – 286年
次代:
拓跋綽