戸沢氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戸沢氏
No image available.svg
丸に輪貫九曜
本姓 桓武平氏忠正流
家祖 戸沢衡盛
種別 武家
華族子爵
出身地 出羽国
陸奥国
主な根拠地 陸奥国滴石
出羽国角館
著名な人物 戸沢盛安
支流、分家 楢岡氏武家
凡例 / Category:日本の氏族

戸沢氏(とざわし)は、陸奥国、後に出羽国を支配した氏族。国人、のち戦国大名江戸時代には新庄藩主となり明治維新に至る。

家伝[編集]

戸沢氏は平忠正の子、平維盛[1]より始まり大和国三輪を本拠地とした。その子、平衡盛の代に木曾義仲に属していたが、その不義を憎み奥州磐手郡滴石庄(岩手県雫石町)に下向した。

1185年源頼朝に臣従し、屋島の戦い奥州合戦での活躍が認められ、磐手郡滴石庄内に4千6百町歩の土地を与えられ大身の御家人となる。その時に滴石庄の戸沢邑に居を構えたことから「戸沢氏」と称した。

1206年、戸沢兼盛は南部氏から攻められ、滴石(岩手県雫石町)から門屋小館(秋田県仙北市西木町西明寺)に移る。1220年に門屋小館から門屋へ移り、1228年門屋城を築城。

以上が『藩翰譜』等が伝える戸沢氏の出自である。

出自考察[編集]

しかし、上記に記した出自については疑問が持たれている。

まず平衡盛と、その子兼盛の存在であるが、『戸沢家譜』と『藩翰譜』以外に、存在を確認できる資料は皆無である。平安時代末期に奥州に下向したとあるが、その当時、滴石は奥州藤原氏の勢力範囲であり、簡単に下向、土着できる環境ではなかった。滴石を本拠地とし、源氏に組した状況で屋島の戦いや奥州合戦に従軍することが、現実として可能であったか。また、滴石に4千6百町歩の田畑を与えられたとされるが、吾妻鏡に拠れば磐手郡は千葉工藤南部等の関東御家人に分け与えたとされ、戸沢氏に関する記述はない。更に、1206年南部氏と争って出羽国仙北地方に移ったとあるが、南部氏側資料にそういった記述は一切無く、争った経緯も不明である。

平衡盛考[編集]

家祖とされる平衡盛の「衡」という漢字から、奥州藤原氏の郎党だったと言う説がある。衡という漢字は奥州藤原氏が通字として使用しており、歴代当主以外の人物も使っていた。

衡盛の「衡」は、藤原氏からの偏諱を受けて付けていたものと推察される。また、本拠地とされる滴石も藤原清衡の母方の安倍氏の本貫地の厨川に極めて近いことから、奥州藤原氏の中でもそれなりの地位にあったものと考えられる。

以上を踏まえた上で、滴石に古くから土着していた荘園の開発領主と言うのが、その実態であり、奥州征伐の時に藤原氏に協力しなかったことから辛うじて家名存続を許されたが、新しくきた関東御家人の圧迫を受けて、出羽国に移っていったのが事の真相と考えられる。

中世[編集]

鎌倉時代[編集]

鎌倉時代初期には仙北郡門屋地方に進出し、そこから周囲に勢力を拡大して行ったものと推察される。初めに小館を建て、そこから周囲の寺社や豪族を傘下に治めていった。本拠地である滴石庄も引続き支配下にあったが、中期の頃になると南部氏の圧迫を受けて、最終的には南部氏の与騎にならなければ存続が難しかったという。

戸沢氏が、桓武平氏を名乗るようになったのもこの頃で、清和源氏の南部氏に対する対抗心と進出した門屋地方の諸氏に対する宣伝工作もあった様である。

南北朝時代[編集]

鎌倉幕府が滅び、建武の新政が始まると公家の北畠顕家陸奥守として下向してきた。しかし足利尊氏の離反と石津の戦いでの顕家の戦死で、奥羽の国人は動揺し、それぞれ南朝北朝別れ抗争する。

戸沢氏は南朝に属す。顕家の弟北畠顕信が一時期滴石城に入っていたと記録があり、また別の記録では「興国二年(1341年)顕信は、武家方の奥州総大将石塔義房を攻撃するために、葛西和賀・滴石・河村・南部の兵を動員した」とある。ここにある「滴石城」「滴石」とは戸沢氏を指しており、戸沢玄盛と推察される。

興国二年の合戦は顕家の敗戦に終わり、顕家は滴石城に入城した後、出羽国へ去っていった。この時に滴石の兵も従ったとある。

南部氏側資料に拠れば「南部晴政の代に滴石に進出し、敵方を出羽に追いやった」と記録が残っており、戸沢家譜に拠れば応永30年(1423年)、戸沢家盛の代に本拠地を角館に移したとある。何時本拠地を仙北郡門屋地方に移したかは定かではない。また、別資料に拠れば「角館戸沢氏」「滴石戸沢氏」と仙北地方、滴石にそれぞれ戸沢氏がいたことが推察されている。

興国二年の合戦以後、南部氏が北朝方に寝返ったことと、北陸奥における足利氏勢力が増大したことが契機となり、この時に仙北地方に移ったと推測される。但し、滴石庄を失ったようではなく、そこには庶流を置いていったと考えられる。

その後、戸沢氏は門屋城を根拠地とし、南朝方の武将として各地を転戦したようであるが、戸沢英盛代の延文元年(1356年)には鎌倉へ出仕しており、この頃には他の武将達同様に北朝方に転向して時代を生き抜いたようである。

室町時代[編集]

仙北郡門屋地方に本拠を置いた戸沢氏は、門屋城を根拠地として周囲にいくつもの出城を構築してネットワークを形成し、門屋地方の領国基盤を強化して行った。その後、本拠地を門屋から角館に移し、門屋地方からさらに、仙北三郡の内、北浦郡全域への支配拡大を目指して行った。

中世前期の戸沢氏の動向については、『戸沢家譜』など以外には確証がないが、長享3年 神宮寺八幡宮(現大仙市神宮寺)を再興して棟札に名を書きとどめた「平朝臣飛騨守家盛」は戸沢氏の当主であったものと思われ、これが初見史料となる。

角館移転[編集]

角館に本拠を移転した時期については諸説ある。

応永年間の説は戸沢家譜に「応永三十一年に戸沢家盛が角館に柵を築く」とあり、付近の神宮寺八幡宮に「平朝臣飛騨守家盛」の記録があることが根拠であるが、応永年間の仙北郡は南部氏、小野寺氏が争っている最中であり、そこに戸沢氏が割って争っていたとは考え難い。

天文年間の説は南部氏文書の「南部晴政の代に滴石に進出し、敵方を出羽に追いやった」という記録が根拠だが、そこから豊臣秀吉小田原征伐まで、わずが40年の猶予しかなく、その間に仙北郡全域を掌握できたとは考えられない。

『戸沢氏系図』によると「正員の子政保が角館に柵を移す」とあり、家譜と比較すると文明11年(1479年)に家督を継いだ戸沢秀盛の頃である。また、神宮寺八幡宮の「平朝臣飛騨守家盛」の記録も、長享3年(1489年)と秀盛の治世の頃である。以上の事から戸沢氏の角館移転は文明年間と考えられる。

戦国時代[編集]

勃興期[編集]

応仁2年(1468年)、南部氏が小野寺氏との抗争に敗れ、仙北三郡から撤退する。戸沢氏は北浦郡の統一に成功し、仙北三郡の覇権を巡り小野寺氏さらには秋田氏との抗争を開始する。

明応5年(1496年)に大曲地方への進出をかけて、安東忠季と戦う。秀盛は弟の戸沢忠盛に二千の兵を与え、淀川城の守備に就かせる。両軍は唐松野で激突したが引分けに終わる。永正年間には小野寺氏と戦う。両者一歩も退かぬ長期戦となり、最後は楢岡氏の仲介で和睦。

大永7年(1527年)には、再び安東氏と激突。この合戦は安東氏の謀略により、家中分解の危機に陥ったが、何とか引き分けに持ち込む。この合戦で戸沢氏家臣の結束は強まり、戦国大名化に成功する。

享禄2年(1529年)、秀盛死去。後を戸沢道盛が継ぐ。僅か5歳であった。

動揺期[編集]

秀盛の後を道盛が継いだが、僅か5歳だったこともあり、叔父の忠盛が角館に入城し、後見人を努める。しかし忠盛が宗家奪取を企て、道盛とその母(楢岡氏出身)は城外に追放される。しかし、このクーデターは家臣団の支持を得られず、楢岡氏を中心に六郷・本堂・白岩氏らが結束して忠盛に圧力をかけ、最後は道盛の角館復帰、忠盛の淀川城退去で決着する。

天文10年(1541年)、小野寺氏が北浦郡攻略を開始する。

天文9年(1540年)に本宗地滴石の失陥、更に天文14年(1545年)には淀川城を安東氏によって奪われており、戸沢氏最大の危機であった。そのため、家臣団は降伏やむなしの雰囲気だった。しかし道盛母の奮起と、それに応えた家臣団の必死の抵抗により、小野寺氏は攻略をあきらめる。戸沢氏の危機は消え去った。

天文16年(1547年)、淀川城を再奪取。その勢いで荒川城も攻略する。その後、大曲土屋の富樫氏を臣従させることに成功。元亀元年(1570年)には、富樫勝家により高畑に築城させ、小野寺氏への逆襲を開始した。

こうして北浦郡全域と仙北中郡、旧仙北郡の大部分を平定する。その後、道盛は本堂氏の女と結婚し3男儲ける。

鬼九郎盛安の登場[編集]

永禄9年(1566年)、道盛にひとりの男子が生まれる。

後に「鬼九郎」の異名を取り、北奥随一の名将と謳われた戸沢盛安である。

盛安は小野寺氏や安東氏を破って勢力を拡大し、仙北三郡の完全平定に成功。戸沢氏の全盛期を出現させる。中央の動静にも絶えず注目し、豊臣秀吉小田原征伐には東北地方の戦国大名の中ではいち早く参陣して秀吉の賞賛を受け、所領を安堵された。しかし盛安は参陣中に突然病死した。

詳細は戸沢盛安の項参照

安土桃山時代[編集]

豊臣政権期[編集]

盛安の死後、子の九郎五郎が4歳だったため、弟の戸沢光盛が家督を継ぐ。奥州仕置の後、戸沢氏の支配地域は盛安の死と惣無事令の問題もあり、北浦郡4万5千石のみ安堵され、残りの地域に関しては太閤蔵入地の代官としての権限を与えられた。

光盛の家督相続の際、盛安の兄、戸沢盛重の謀反騒ぎが起きたとされるが、家中動揺することなく、光盛を盛りたてた。光盛は朝鮮出兵の途上、播磨国姫路城で病死。

関ヶ原の戦い[編集]

光盛の死後、盛安の子戸沢政盛が家督を相続する。秀吉の死後、政盛は鳥居忠政の娘と縁戚を結び、徳川方へ急速に接近していく。

関ヶ原の戦いでは東軍に属し、最上氏と共に上杉氏と戦う。しかし上杉討伐で秋田氏の勢力が増大することを恐れ、消極策に終始する。戦後、この行動が咎められて、常陸国松岡へ減転封される。

江戸時代[編集]

松岡藩への転封後、政盛は徳川氏への接近を積極的に進めていく。鳥居忠政から養子をとり自身の娘と縁戚を結ばせる。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では小田原城の守備、翌20年の大坂夏の陣では江戸城の留守居役を命じられる。

外様大名から譜代大名へと変貌を遂げる。元和8年(1622年)、最上氏の改易を受けて、譜代大名鳥居氏の一党として、角館に比較的近い新庄へ加増転封される。

以後は新庄藩6万石(後7万石)の大名として明治維新まで続く。

以降は新庄藩を参照。

江戸期の著名な家臣としては、18世紀における日本の算学者・安島直円がいる。

系図[編集]

『戸沢家譜』を基に略系図


  平貞盛

    ┃

  ※此間二代省略

    ┃

  平正衡

    ┣━━━━━━━┓

  平忠盛         平忠正

    ┃           ┃

  平清盛         平維盛

                ┃ 

                平衡盛戸沢氏祖 住滴石

                ┃

               戸沢兼盛叙飛騨守

  ┏━━━━━┳━━━━┫

兼任住中館 盛正住小館 戸沢親盛

                   ┃

                 ※此間二代省略

                   ┃

                 戸沢玄盛

        ┏━━━━━━┫

    長盛住小館     戸沢英盛冶部大輔飛騨守

                   ┃

                 戸沢氏盛冶部大輔飛騨守                   

                   ┣━━━━━━━━━━━┓

                戸沢伊盛上総介         行盛住横田城

                   ┃                 ┃

                戸沢豊盛冶部大輔        泰盛冶部少輔飛騨守

                   ┃

                戸沢家盛角館城移住上総介飛騨守

                   ┣━━━━━━━━━━━┓

                戸沢久盛飛騨守          盛芳安房守住大曲城

                   ┃

                戸沢寿盛

                   ┣━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓

                戸沢征盛冶部大輔飛騨守      頼盛住門屋城宮内大輔        長峰嗣小笠原氏

参考文献[編集]

配下武将[編集]

戸沢家臣団[編集]


著名な人物[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]