成島柳北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
成島柳北翁肖像

成島 柳北 (なるしま りゅうほく、1837年3月22日天保8年2月16日) - 1884年明治17年)11月30日)は、江戸時代末期(幕末)の江戸幕府・将軍侍講、奥儒者文学者ジャーナリスト明治時代以降はジャーナリストとしても活躍。また、姪孫に俳優森繁久彌がいる事でも著名。

略歴[編集]

武蔵国浅草御廐河岸(現・東京都台東区蔵前2丁目)の松本家の3男として生まれた。幼名:甲子麿(こしまろ)→甲子太郎(こしたろう)→惟弘(これひろ)、弘[1]。のちに代々奥儒者の家柄である成島家へと養子に出され、第7代目奥儒者・成島稼堂の養子となり、成島姓となる[2]。そして、養父の跡を継ぎ、第8代目奥儒者と相成り、成島柳北と名乗るようになる。

成島家は19世紀前半から『徳川実紀』、『続徳川実紀』、『後鑑』などの編纂を続けており、柳北も長じてこれに従った。徳川家定家茂に侍講するが、献策が採用されないため狂歌で批判し、解職される。この際、洋学を学ぶ。また、慶応年間に騎兵頭、外国奉行(3千.従五位下.大隅守)、会計副総裁等を歴任。

明治維新後、仔細あって平民籍となるが、東本願寺法主の大谷光瑩欧州視察随行員として1872年(明治5年)、共に欧米を巡る[3]

欧州では岩倉具視木戸孝允らの知遇を得、特に親交のあった木戸からは帰国後、文部卿の就任を要請されたが受けなかった。また柳北は欧州視察の際に共済制度を見聞し、帰国後にそれを安田善次郎に伝え安田と共に日本最初の生命保険会社「共済五百名社」(現「明治安田生命」)を設立。(安田は、向島の柳北の家を訪ねたときは出された座布団を決して敷こうとはしなかった程、柳北を尊敬慕っていた。) 後には大槻磐渓の紹介によって、1874年(明治7年)に『朝野新聞』を創刊、初代社長に就任。言論取締法の「讒謗律」や「新聞紙条例」を批判した。自由民権運動の中では、社論は大隈重信改進党に近く、大隈の設立した東京専門学校の初代の議員[4] (理事に相当[5])にも就任している。また文芸雑誌『花月新誌』を創刊し文芸界でも活躍[6]。商法会議所(現商工会議所)の設立、墨田川河畔の桜植樹等にも尽力、前米大統領グラントの接遇委員も勤めた。1884年(明治17年)11月30日、胸の病のため、48歳(満47歳)の若さで死去。

著書[編集]

柳橋新誌』(初編1859年(安政6年)執筆、2編1871年(明治4年)執筆)は柳橋(現在の台東区柳橋)の花柳界を描いた戯作であるが、明治維新前後の転換期にあたって、江戸明治の世相の変遷も描いている。復刻版が日本近代文学館監修で出された[7]

また、安政期の日記『硯北日録』は太平書屋から複製本が出ている。

『航西日乗』は「新日本古典文学大系明治編」・「岩波文庫」等にも収録。

参考文献[編集]

  • 塩田良平校注 『柳橋新誌』 岩波文庫  初版1940年。
  • 前田愛校注『柳橋新誌』(日本近代文学大系 明治開化期文学集)角川書店。

伝記研究[編集]

  • 乾照夫『成島柳北研究』(ぺりかん社 2003年)
  • 乾照夫編 『成島柳北 読売雑譚集 明治十四年一月-十七年十一月』(ぺりかん社、2000年)
  • 前田愛 『成島柳北』(朝日選書)、のち「著作集1」(筑摩書房
  • 黄民基 『唯今戦争始め候。明治十年のスクープ合戦』(洋泉社 2006年)

脚注[編集]

  1. ^ 柳営補任の表記による。
  2. ^ 成島稼堂の実子(三男)説もあり、吉川弘文館『国史大辞典』・小学館『日本歴史大事典』はその説によって記載されている。
  3. ^ このときの紀行文が『航西日乗』である
  4. ^ 中村尚美 『大隈重信』 吉川弘文館、2000年175頁
  5. ^ 佐藤能丸 『志立の明治人』上、芙蓉書房出版、2005年150頁
  6. ^ 『復刻版花月新誌』(全8巻、ゆまに書房、1984年)
  7. ^ 『近代文学館 名著複刻全集. 特選〔1〕』柳橋新誌 / 成島柳北戯著、日本近代文学館、1971年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]