悪魔ちゃん命名騒動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

悪魔ちゃん命名騒動(あくまちゃんめいめいそうどう)とは、実子に対する命名を不適切であるとして行政が受理を拒否し、マスメディアで話題になった事例である。

概要[編集]

1993年8月11日東京都昭島市役所に「悪魔」と命名した男児の出生届が出された[1]。「悪」も「魔」も常用漢字の範囲であることから受付されたが、市が法務省民事局に本件の受理の可否に付き照会したところ、子供福祉を害する可能性があるとして、親権濫用を理由に不受理となった[2]

届出者は、東京家裁八王子支部に不服申し立てを行い市役所と争った結果、家裁は「命名権の乱用で戸籍法違反であるが、手続き論的立場から受理を認める(つまり結果としては親側の勝訴)」との判断を下したが[3]、市側は東京高裁に即時抗告した[4]。 その後両親は、男児が悪魔との名前に反応していることを理由に、他の漢字を用いて再度「あくま」の名で届け出ようとしたが、市役所はこれも不受理とした。届出者は類似した音の名前を届け出て、これが受理された[5]。両親は不服申立を取り下げ、市側もこれに同意したことから、即時抗告審は未決のまま終局となった[6]

本件は、当初届け出ようとした名前の特異性から話題になり、マスメディアにより大きく報道された。また届出者である両親は、マスメディアに出演して正当性をアピールしていた[7]

この騒動を経て名付けた父親とその乳児は時の人となり、「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」・「進め!電波少年」などに出演した。

なお、当男児の父親はこの騒動から3年後の1996年7月に覚せい剤取締法違反で逮捕されている[8]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞 1994年01月14日 朝刊 1社 「子に「悪魔」と命名、是か非か 昭島市が変更指導 親は不服申し立て」
  2. ^ 読売新聞 1994.01.13 東京朝刊 社会 31頁 「命名「悪魔」ちゃん是か非か 両親と市、家裁で論争/東京・多摩地区」
  3. ^ 朝日新聞 1994年02月01日 夕刊 2社 「市などなお戸惑い今後の対応、国と協議へ 「悪魔ちゃん」命名問題」
  4. ^ 朝日新聞 1994年02月11日 朝刊 2社 「昭島市が東京高裁に即時抗告 「悪魔ちゃん」問題」
  5. ^ 読売新聞 1994.05.31 東京朝刊 社会 27頁 「「悪魔」改め「**」ちゃんと命名 父親届け出 昭島市が受理」 (**部は見出しに男児の実名記載のため脚注者が伏字とした)
  6. ^ 安岡孝一 (2010年6月21日). “人名用漢字の新字旧字: 悪魔ちゃん命名事件”. 三省堂ワードワイズウェブ. http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/wp/2010/06/21/joyo3/. 
  7. ^ 読売新聞 1994.02.20 東京朝刊 解説 11頁 「「悪魔ちゃん」から教訓を 命名拒めぬ子供 成長後、柔軟な改名も一手(解説)」
  8. ^ 読売新聞 1996.07.17 東京夕刊 夕社会 15頁 「覚せい剤容疑で看護婦ら10人逮捕 「悪魔ちゃん」騒ぎの父親も/警視庁立川署」

関連項目[編集]