快楽亭ブラック (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かいらくていぶらっく
快楽亭ブラック
快楽亭ブラック
初代快楽亭ブラック
本名 ヘンリー・ジェイムズ・ブラック (帰化前)
石井 貎刺屈 (いしい ぶらつく) (帰化後)
別名義 ハール・ブラック
英人ブラック
生年月日 1858年12月22日
没年月日 1923年9月19日(満64歳没)
出生地 英領オーストラリアアデレード
(現:オーストラリアの旗 オーストラリア南オーストラリア州 アデレード)
死没地 大日本帝国の旗 大日本帝国
国籍 イギリスの旗 イギリス (帰化前)
大日本帝国の旗 大日本帝国 (帰化後)
職業 落語家講釈師・奇術師
活動期間 1876年 - ?
配偶者 木村アカ
著名な家族 ジェイアール・ブラック(父)
エリザベス・ポーリン(妹)[1]

初代 快楽亭 ブラック(しょだい かいらくてい ぶらっく、1858年12月22日安政5年11月18日) - 1923年(大正12年)9月19日)は、落語家講釈師・奇術師イギリス領オーストラリアアデレード生まれ、国籍は初め英国、のち日本に帰化している。本名ははじめヘンリー・ジェイムズ・ブラック (Henry James Black)、帰化した後の日本名は石井 貎刺屈(いしい ぶらつく)。

来歴[編集]

青い眼の落語家[編集]

ブラックは1865年(慶応元年)、日本初の英字新聞・週刊『ジャパン・ヘラルド』の記者として日本に滞在していた父・ジェイアール・ブラック (J. R. Black) の後を追って、母とともに来日した。父はのちに『日新真事誌』という新聞を発行して新政府の政策を盛んに批判したため、同紙は廃刊措置となり、これで日本を見限って上海に渡ってしまった。

しかし18歳になっていたブラック本人は単身日本に残る道を選び、1876年(明治9年)に奇術師三代目柳川一蝶斎の一座に雇われて西洋奇術を披露しはじめる。同年7月には浅草西鳥越芳川亭日本橋南茅場町宮松亭で西洋手品をハール・ブラックの名で興行した記録が残っている。その後一説には2〜3年アメリカシアトルで母と共に生活していたという。

1878年(明治11年)再度来日し、翌年講釈師二代目松林伯圓に誘われて横浜馬車道富竹亭で政治演説に出演した記録が残っている。この年正式に伯圓に弟子入りし、英人ブラックを名乗った。

しかし当時の芸人は政府の許可がないと寄席に出ることができなかったため、講釈師三代目伊藤燕凌の仲介で外務省と掛け合い、翌1880年(明治13年)に許可を取得、以後本格的に寄席に出るようになった。しかし親戚や知人の猛反発に遭い、一時は廃業して英語塾を開かざるを得なかったが、結局演芸の世界に舞い戻る。1884年(明治17年)には三遊亭圓朝三代目三遊亭圓生らの三遊派に入った。

多種多彩の芸人[編集]

1891年(明治24年)3月より快楽亭ブラックを名乗る。その2年後に日本人女性の木村アカと結婚し、日本国籍を取得。本名を石井貎刺屈と改めた。これ以後ブラックの八面六臂の活躍が始まる。西洋の小説を翻案した短編小説や、それをもとにした噺を書き出したのを手始めに、やがて自作の噺を創作するようにまでなり、べらんめえ調をあやつる青い眼の噺家として人気を博した。また高座で噺の最中に手品を見せてみたり、歌舞伎の舞台に端役で飛び入り出演してみたり、1896年(明治29年)には日本初と言われる催眠術の実演を行ったりもしている。

1903年(明治36年)に英国グラモフォン社の録音技師フレッド・ガイズバーグが来日すると、ブラックは積極的に親しい芸人を誘って落語や浪曲かっぽれなど諸芸を録音円版に録音、これが日本初のレコード録音となる。音質は不鮮明ながら、四代目橘家圓喬初代三遊亭圓右初代三遊亭圓遊三代目柳家小さん浪花亭愛造豊年斎梅坊主など明治の名人たちの貴重な生の声がこれで残されることになった[2]

晩年[編集]

1907年(明治40年)、人気が凋落し、落語見立で「東前頭四枚目」に落ちる[3]1908年(明治41年)9月23日亜砒酸で自殺未遂騒動を起すまでになる[3][4]関東大震災の衝撃覚めやらない1923年(大正12年)9月19日白金三光町の自宅で満64歳で死去[5]。遺骸は横浜外人墓地(横浜外国人墓地)の父の隣に埋葬された。

弟子[編集]

作品[編集]

書籍[編集]

録音資料[編集]

  • 快楽亭ブラック (1987-10), “蕎麦屋の笑”, 明治大正夢の名人寄席, コロムビアミュージックエンタテインメント  - 形態:CD 1枚、収録方式:モノラル収録、収録時間:67分16秒。
  • 快楽亭ブラック (2000-2), “そば屋の笑い(落語)”, お笑い百貨事典明治時代 (文明開化の嵐を越えて), 布目英一監修, キングレコード (発売)  - 形態:録音カセット1巻 + 説明書1枚。
  • 快楽亭ブラック (2000-2), “〈落語〉~そば屋の笑い”, お笑い百貨事典~明治時代 文明開化の嵐を越えて, キングレコード  - 形態:CD 1枚、収録方式:モノラル収録、収録時間:49分10秒。
  • 快楽亭ブラック (2000-12), “(咄)江戸東京時代の咄”, 日本吹込み事始~一九〇三年ガイズバーグ・レコーディングス, 東芝EMI  - 形態:CD 1枚、収録方式:モノラル収録、収録時間:39分43秒、収録年月:1903年2月。
  • 石井ブラック名義の録音も同じ物に残っている。
  • 初代快楽亭ブラック (2006-9), “滑稽咄 蕎麦屋の笑”, 昭和戦前面白落語全集 東京篇 特典盤, エニー  - 形態:CD 1枚、モノラル収録。
  • 快楽亭ブラック2008 (2008-8), “蕎麦屋の笑”, 〈SP盤復刻〉芸能全集 明治・大正 寄席編, コロムビアミュージックエンタテインメント  - 形態:CD 1枚、モノラル収録、収録時間:68分。

墓前祭[編集]

2013年の9月13日の命日には快楽亭ブラック研究会が没後90年にあわせて墓前祭を開催[6]

脚注[編集]

  1. ^ 村松(1988)、33頁
  2. ^ CD『全集日本吹込み事始』(2001年)東芝EMI
  3. ^ a b 伊藤(2005)、479頁
  4. ^ 石井ブラック自殺を図る 明治41年9月26日都新聞『新聞集成明治編年史. 第十三卷』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  5. ^ 伊藤(2005)、480頁
  6. ^ 落語家ブラック墓前祭 : 神奈川 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)”. Yomiuri.co.jp. 2013年9月15日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]