寒冷紗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チーズ製造工程で使用される寒冷紗

寒冷紗(かんれいしゃ, : cheesecloth: (victoria) lawn)は、荒く平織に織り込んだである。織り糸には主に綿などが用いられる。

用途[編集]

寒冷紗は、下記の分野で利用されている。

  • 農業分野 - 農作物を寒冷紗で覆い、寒さ避けや日よけとして用いる。
  • 縫製分野 - 衣服袖口の形状を保つために芯地として用いられる。
  • 建築分野 - 漆喰を施行する際に、下地補強などに用いられる。
  • 製本分野 - 製本を行う際に、本の表紙や、本の背を補強するために用いられる。
  • 食品分野 - 出汁をとるときや、チーズを作るときに、漉し布として用いられる。
  • 美術分野 - 銅版画の印刷の際に版面の余分なインクを拭き取るために用いられる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 寒冷紗”. 造形ファイル. 武蔵野美術大学 (2006-2009). 2011年3月28日閲覧。 “銅版画の印刷の際に版面の余分なインクを拭き取るために用いられる”

関連項目[編集]