失敗は成功のもと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

失敗は成功のもと』(しっぱいはせいこうのもと、原題:Designs on Jerry, 1955年9月3日)は『トムとジェリー』の作品のひとつ。


スタッフ[編集]

作品内容[編集]

最新式のネズミ捕りの設計図を描いていたトム(声 - 八代駿肝付兼太)。彼は自分の発明したネズミ捕りにより億万長者になることを夢見て眠りについた。

その頃、絵に描かれたネズミが動き出し、ジェリー(声 - 藤田淑子堀絢子)を起こして緊急事態を告げる。そこに同じく絵の猫が乱入し、2次元と3次元をまたいだドタバタが行われた。

絵の猫を退治したジェリーと2次元ネズミは設計図を改竄。

目覚めたトムは早速その設計図どおりにネズミ捕りを作成、ジェリーで実験を行った。だが、自分の寝ている間に設計図がジェリーたちによって改竄されているとは知る由もなかった。罠を知っていたジェリーがチーズを引くと目覚まし時計が鳴り響く、が丸太を切るとハサミがハンマーゲームのハンマーの糸を切った、そして玉の代わりのバナナが車のガラスに当たる。それを、ワイパーがゴシゴシすると、バケツからセメントが流れ出て、その下のバケツにある天秤扇風機のスイッチを入れる。するとビリヤードのキュー付きのボートがボールにショット、そしてボールが洗濯機のスイッチを押すとライフル銃が火を吐く。そして、鳩時計が作動して中の鳥が出てくると、鳥につけられたナイフ金庫をぶら下げたロープを切る。トムは作戦が成功したと言わんばかりにジェリーを目隠しさせるが、ジェリーの上に落ちるはずだった金庫がトムの上に落下。結局、作戦は失敗に終わった。

そして、金庫から四角形になったトムが出てきて、「金儲けって難しいんだね!」(新吹き替えでは「何でいつもこうなるの!」)と視聴者に話しかけて、話は締めるのだった。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系列及び他系列で、1964年1990年頃まで時折放映された。DVDにも収録。

余談[編集]

作中でトムが作り上げたネズミ捕りはピタゴラ装置ルーブ・ゴールドバーグ・マシン)を彷彿とさせるものになっている。

関連事項[編集]