ひげも使いよう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ひげも使いよう(Pecos Pest 1955年11月12日)はトムとジェリーの作品のひとつ。フレッド・クインビー名義の最後の作品。また標準サイズ(4:3)で製作された最後の作品でもある。


スタッフ[編集]

作品内容[編集]

ジェリーの叔父で、ミュージシャンであるアンクル・ペコスがジェリーの家に遊びに来た。ペコスは、翌日に迫ったテレビ出演に備え、ジェリー宅に宿泊することになった。

ペコスはジェリーに自慢の歌とギター演奏を披露するが、ギターの弦が切れてしまった。そこでペコスは代えの弦としてトムのひげを利用することに。

こうしてペコスとトムのドタバタは始まったが、トムは防戦一方、逃げ惑ってはペコスに捕まり、次々とひげを奪われてしまう。最終的には降伏し、ペコスにひげを自ら差し出す羽目に。

ペコスはテレビ出演のためにジェリー宅を発つ。そしてその日のテレビショーで・・・

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系列及び他系列で、1964年1990年頃まで時折放映された。DVDにも収録。

備考[編集]

  • 日本での初回放映の際、吹き替えによるアンクル・ペコスの口調は「おーい、ネコちゃんやー。わしにヒゲを分けてくれんかねー」といった、常田富士男のような好々爺的な口調であり、でドアを打ち破るようなペコスの豪快な行動とはアンバランスだった。1990年代以降のリメイク吹き替え版ではペコスの口調が「おい、ネコー!ヒゲをよこさんかい、コラー!!」というような泉谷しげるのように凶暴的(原版も元々凶暴的な口調であった)となった。

関連事項[編集]