善福寺 (東京都港区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
善福寺
!!!善福寺.JPG
勅旨門(中門)
所在地 東京都港区元麻布一丁目6番21号
位置 北緯35度39分12.81秒
東経139度43分58.17秒
山号 麻布山(あざぶさん)
宗派 浄土真宗本願寺派
本尊 阿弥陀如来
創建年 伝・天長元年(824年
開基 伝・空海
文化財 木造了海坐像(重要文化財)、ハリス記念碑(アメリカ公使館跡)、逆さいちょう(天然記念物)福澤諭吉の墓・越路吹雪の碑
テンプレートを表示

善福寺(ぜんぷくじ)は、東京都港区元麻布一丁目にある浄土真宗本願寺派寺院。山号は麻布山(あざぶさん)。「麻布山善福寺」あるいは単に「麻布山」と呼ばれることもある。東京都内では、浅草寺に次ぐ古刹の一つで、境内には著名人の墓も多い。

歴史[編集]

初代米国公使館趾

天長元年(824年)に弘法大師・空海によって開山されたと伝え、当初は真言宗の寺院であった。その後鎌倉時代になって越後国に配流になっていた親鸞が当寺を訪れ、浄土真宗に改宗したとされ、その後、各時代の天皇や幕府などの保護を受けて発展を遂げた。

安政5年(1859年)には日米修好通商条約に基づき当寺院内に初代アメリカ合衆国公使館がもうけられ、タウンゼント・ハリスらが在留した(当寺院に墓所がある福澤諭吉も出入りしていた)。その後21世紀になった現在でも、由緒ある寺院としてその名が知られている。

施設・史跡[編集]

福沢諭吉の墓(雪池忌)
越路吹雪の碑
  • 福澤諭吉の墓 - 福澤は慶應義塾大学の創設者。2月3日は福澤の命日に当たり、(雪池忌(ゆきちき)と呼ばれている)慶應義塾の関係者らが多数当寺院にある福澤の墓所を訪れる。普段からも参拝者は多く、特に受験シーズンは福澤の墓から線香の煙が絶えることがない。なお、福澤の墓が当寺に移ったのは1977年で、それ以前は品川区大崎にあった。
  • 越路吹雪の碑 - 昭和時代の歌手・越路吹雪の歌碑がある。芸能関係者らが訪れることもあり、その姿が報道されることもある。越路の代表曲である「愛の讃歌」の歌詞も刻まれている。なお、越路吹雪の墓所は、当寺院ではなく川崎市にある。
  • 逆さいちょう(さかさいちょう) - 推定樹齢750年以上、親鸞がみずから植えたとされるイチョウの古木。伝承によると、親鸞のついた杖から生えてきたという。名の由来は、枝か下のほうに伸びさかさになっているように見えることからきている。大戦時の空襲で被災しスケールが縮まったものの、現在でも都内最大のイチョウであり、国の天然記念物に指定されている。
  • アメリカ公使館 - 歴史の項でも触れたとおり、当寺院にアメリカ公使館が設けられたので、その記念碑が掲げられている。
  • 麻布山幼稚園 - 当寺院が運営している幼稚園。境内に隣接してある。
  • 柳の井戸 - 参道にある井戸。空海(弘法大師)が柳の木の下で錫杖を立てたところ、湧き出してきたという。現在でも少量ながら水が湧き出ている。関東大震災東京大空襲の時では多く人が飲み水として利用した。
  • 近傍の超高層の建築物は元麻布ヒルズ(高所得者向けマンション)であり、その敷地は元は本寺の所有地であったがバブル景気直前の1983年森ビルが本寺より譲り受けて建設されたものである[1]山門を見上げたとき違和感がないように仏具の和蝋燭状のシルエットに意匠されている[要出典](上掲画像を参照)。

文化財[編集]

天然記念物(国指定)[編集]

  • 善福寺のイチョウ(大正15年10月20日指定)

重要文化財(国指定)[編集]

  • 木造了海坐像 鎌倉時代末期

港区指定文化財[編集]

  • 本堂

その他[編集]

  • 同じ東京都港区の地名になっている「虎ノ門」は、かつての善福寺の山門に由来する(江戸城の門という異説もある)。
  • 「麻布」(あざぶ)の地名の由来は諸説あるが、「麻布」という字を当てるようになったのは、当寺院の山号を採ったことから来ているという。
  • 東京都杉並区にある善福寺池の名の由来は、元は当寺院の奥の院が善福寺池の一帯にあってそれがそのまま現在の杉並区の地名にもなったという説が有力である。ただし、この杉並の方の名の元になった善福寺は、江戸時代に廃寺になっており、史料も乏しく、当寺院との関係はないという説も多い。

画像[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]