古蜀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

古蜀(こしょく)は、古代のにあった国。東晋時代の地誌『華陽国志』にその歴史が詳しく記されているが、司馬遷の『史記』では、紀元前316年の将軍司馬錯に滅ぼされたことが記されるのみである。

『華陽国志』の古蜀[編集]

東は、南は、北は、西は峨眉山に接し、天府と称され、原名を華陽と言った。武王帝辛(紂王)討伐にも参加し、周王室を奉っていたが、中原から遠いこともあって春秋会盟には参加できなかった。周王室が衰退すると蜀がまず王を称し、蜀王杜宇の時代には帝と称した。その後は開明氏が代々蜀王となって隣国の巴と争った。周の顕王の時代、蜀王と、巴と通じた蜀王の弟苴侯の間で内乱が起こり、敗れた苴侯は巴に逃亡して秦に助けを求めた。秦の恵文王司馬錯を派遣して蜀を滅ぼし、苴侯と巴も滅ぼした(秦滅巴蜀の戦い中国語版)。

関連項目[編集]