呉 (春秋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(ご、拼音:wú、紀元前585年頃 - 紀元前473年)は、中国春秋時代に存在した君国の一つ。現在の蘇州周辺を支配した。君主のは姫。元の国号は句呉,勾吳

歴史[編集]

成立[編集]

呉の成立については詳しいことはわかっていないが、司馬遷の『史記』「呉太伯世家」によると、以下のような伝説が載っている。周の古公亶父(ここうたんぽ)の末子・季歴は英明と評判が高く、この子に後を継がせると周は隆盛するだろうと予言されていた。長子・太伯(泰伯)と次子・虞仲(仲雍)は末弟の季歴に後継を譲り、呉の地にまで流れて行き、現地の有力者の推挙でその首長に推戴されたという。後に季歴は兄の太伯・虞仲らを呼び戻そうとしたが、太伯と虞仲はそれを拒み全身に刺青を施した。当時刺青は蛮族の証であり、それを自ら行ったということは文明地帯に戻るつもりがないと示す意味があったという。太伯と虞仲は自らの国を立て、国号を句呉(後に寿夢が呉と改称)と称し、その後、太伯が亡くなり、子がないために首長の座は虞仲が後を継いだという[1]

興隆と滅亡[編集]

6代王の闔閭の時代、呉は強勢となり、名臣孫武伍子胥を擁し当時の超大国の首都を奪い、滅亡寸前まで追いつめた。しかし新興の勾践に攻め込まれ闔閭は重傷を負い、子の夫差に復讐を誓わせ没する。夫差は伍子胥の補佐を受け、会稽にて勾践を滅亡寸前まで追い詰める。勾践が謝罪してきたため勾践を許したが、勾践は呉に従うふりをして国力を蓄えていた。夫差はそれに気付かず北へ勢力圏を広げ、また越の策にはまり伍子胥を誅殺し、中原に諸侯を集め会盟したが、その時にすでに呉の首都は越の手に落ちていた。紀元前473年、呉は越により滅亡する。この時、夫差は勾践に対し助命を願った。勾践は夫差に一度助けられていることを思い出し願いを受け入れようとしたが、宰相の范蠡に「あの時、天により呉に越が授けられたのに夫差は受け取らなかった。ゆえに今呉は滅亡しようとしているのです。今、天により越に呉が授けられようとしているのです。何をつまらない情を起こしているのですか」と言われ、和議を蹴った。それでも勾践は夫差を小島に流刑にして命だけは助けようとしたが、夫差はこれを断って自害し、呉は滅びた。

夫差は越に闔閭を殺された後、薪の上に寝て復讐心を忘れなかった。勾践は夫差に負けた後、胆を嘗めて復讐の心を呼び起こし、部屋に入るたびに部下に「汝、会稽の恥を忘れたか」と言わせて記憶を薄れさせないようにした。この故事から臥薪嘗胆の言葉が生まれた。また、呉越の激しいライバル争いから呉越同舟の言葉が生まれた。

ちなみに中国では日本人を「呉の太伯の子孫」とする説があり、それが日本にも伝えられて林羅山などの儒学者に支持された。徳川光圀がこれを嘆いて歴史書編纂を志したのが『大日本史』執筆の動機だったといわれている。

歴代君主[編集]

  1. 太伯(句呉を建国)
  2. 虞仲
  3. 季簡
  4. 叔達
  5. 周章
  6. 熊遂
  7. 柯相
  8. 彊鳩夷
  9. 余橋疑吾
  10. 柯盧
  11. 周繇
  12. 屈羽
  13. 夷吾
  14. 禽処
  15. 頗高
  16. 句卑
  17. 去斉

呉王

  1. 寿夢紀元前585年 - 紀元前561年)国名を句呉から呉に改名。
  2. 諸樊紀元前560年 - 紀元前548年
  3. 余祭紀元前547年 - 紀元前544年[2]
  4. 余昧紀元前543年[3] - 紀元前527年) 
  5. [4]紀元前526年 - 紀元前516年
  6. 闔閭紀元前515年 - 紀元前496年
  7. 夫差紀元前495年 - 紀元前473年

脚註[編集]

  1. ^ しかし、この逸話は実際に南方の蛮族である呉が後に春秋の覇者となった時の美談として創られた可能性が高いと見る史家も多く、どうやら太伯と虞仲の末裔は、呉の兄弟国(実際に呉とは別系統らしく、虞は周王室の連枝という)とされる、夏の古都を拠点とした虞(山西省を拠点とし、後年に大夫の百里奚の諌言を聴き容れなかった虞公は、晋の献公の言いなりにされた挙句に滅ぼされた)のことを指すらしい[要出典]
  2. ^ 史記』呉太伯世家では紀元前531年逝去と記されている。
  3. ^ 『史記』呉太伯世家では紀元前530年に即位したと記されている。
  4. ^ 春秋左氏伝』では寿夢の子で、さらに『春秋公羊伝』では季札の庶兄(『史記』呉太伯世家では季札の甥)と記述されている。

リンク先[編集]