内野正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
内野 正雄 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ウチノ マサオ
ラテン文字 UCHINO Masao
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1934年4月21日
出身地 神奈川県
没年月日 2013年以前
身長 163cm
選手情報
ポジション FW
ユース
神奈川県立小田原高等学校
中央大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
古河電気工業
代表歴
1955-1962[1] 日本の旗 日本 18 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

内野 正雄(うちの まさお、1934年4月21日 - 2013年以前)は、神奈川県出身のサッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはFW(インサイドライト)。

人物[編集]

神奈川県立小田原高等学校を1953年に卒業。中央大学ではサッカー部に所属。卒業後は古河電工サッカー部に入団。1960年度天皇杯にて、実業団チームとして初となる天皇杯優勝に貢献した[2]。翌1961年度1964年度にも天皇杯優勝。

学生時代から日本代表に選出され、1956年メルボルンオリンピック予選では韓国代表との1戦目で貴重な先制点を挙げた。2戦目は韓国に敗れたものの、抽選で本大会出場が決定。本大会でのオーストラリア代表戦にも出場した。

1966年1979年の2度、古河電工サッカー部の監督に就任し、1982年第7回JSLカップで優勝した。

なお、詳細な没年は不明であるが、2013年4月時点で故人となっている[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1965 古河 JSL 1 -
1966 5 -
1967 7 -
1968 5 -
1969 1 -
通算 日本 JSL 47 19 -
総通算 47 19 -

現在は、日本サッカーリーグ開幕後のみ。

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 18試合 3得点(1955-1962)[1]


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1955 4 1 0 0 4 1
1956 3 1 3 2 6 3
1957 0 0 3 1 3 1
1958 1 0 0 0 1 0
1959 4 1 4 0 8 1
1960 1 0 1 0 2 0
1961 2 0 0 0 2 0
1962 3 0 2 0 5 0
通算 18 3 13 3 31 6

指導経歴[編集]

  • 1966年 古河電工監督(選手兼任)
  • 1979年 - 1983年 古河電工:監督

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 JSL杯 天皇杯
1966 JSL 古河 3位 14 20 9 2 3 - ベスト4
1979 JSL1部 5位 18 40 7 5PK勝 2PK敗 4 準優勝 ベスト8
1980 3位 18 22 9 4 5 ベスト8 ベスト8
1981 5位 18 21 7 7 4 ベスト4 ベスト8
1982 3位 18 21 8 5 5 優勝 ベスト8
1983 7位 18 15 6 3 9 1回戦 2回戦

出典[編集]

  1. ^ a b “内野 正雄”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_a/masao_uchino.html 
  2. ^ オリンピック代表監督からワールドカップ招致まで 40年間を日本協会とともに 長沼健(下)”. 賀川サッカーライブラリー. 2013年9月6日閲覧。
  3. ^ 「小田原高校:9 ソフトテニス全国制覇」 朝日新聞神奈川県版 , 2013年4月26日、2014年8月7日閲覧