今渡ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
今渡ダム
Imawataridam-3316d333.JPG
所在地 左岸:岐阜県可児市川合字西野
右岸:岐阜県美濃加茂市川合町1丁目
位置 北緯35度26分28.9秒
東経137度02分42.6秒
河川 木曽川水系木曽川
ダム湖 青柳薪水湖
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 34.3 m
堤頂長 308.0 m
堤体積 101,000
流域面積 4,632.3 km²
湛水面積 141.0 ha
総貯水容量 9,470,000 m³
有効貯水容量 4,240,000 m³
利用目的 発電
事業主体 愛岐水力日本発送電関西電力
電気事業者 関西電力
発電所名
(認可出力)
今渡発電所 (20,000kW)
美濃川合発電所 (23,400kW)
施工業者 間組
着工年/竣工年 1936年/1939年
テンプレートを表示

今渡ダム(いまわたりダム)は、岐阜県美濃加茂市可児市に跨る、木曽川本川に建設されたダムである。関西電力株式会社水力発電専用ダムで、同社の今渡発電所(可児市川合)と美濃川合発電所(みのかわい-、美濃加茂市川合町)に送水して発電する。土木学会選奨土木遺産に認定されている。

沿革[編集]

型式は重力式コンクリートダム、高さは34.3メートル1939年(昭和14年)に完成した。当初の事業主体は当時の大手電力会社である大同電力東邦電力が出資する愛岐水力株式会社で、日本発送電株式会社を経て、現在は関西電力株式会社が管理している。ダムに付設された発電所の認可出力は、今渡発電所2万キロワット、美濃川合発電所2万3,400キロワット。

福澤桃介が手がけた木曽川水力電源開発計画の一つとして、本川筋のダム式発電所としては大井ダム落合ダム笠置ダムに次いで4番目に建設された。木曽川本川では最も下流に建設されたダムで、木曽川と飛騨川の合流点から直下流に位置する。このダムでは右岸に今渡発電所、左岸に美濃川合発電所があり、発電を行っているが、もう一つの目的として木曽川流域の全ての水力発電用ダムの逆調整池としての役割も果たしており、適切な水量の維持も行っている。

国道より見えるダム[編集]

中山道宿場町として栄えた太田宿の近くにある。ダムは国道21号バイパス・新太田橋から下流部を、JR東海太多線からは上流面を見ることができる。木曽川と飛騨川の莫大な水量を堰き止めている事から、よく放流しており、その姿は見応えがある。また、今渡ダム下流から犬山市に掛けては日本ラインと呼ばれる渓谷が続き飛騨木曽川国定公園に指定され、美濃加茂・犬山間の日本ライン下りはスリルを味わうことができる。犬山城も近い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]