交響的協奏曲 (プロコフィエフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チェロと管弦楽のための交響的協奏曲 ホ短調 作品125は、セルゲイ・プロコフィエフ1951年から1952年にかけて作曲した作品で、2作目のチェロ協奏曲である。プロコフィエフはその後、『チェロ小協奏曲』の作曲にも着手したが、これは未完に終わった。

この協奏曲が『チェロ協奏曲第2番』とされなかった理由はいくつか考えられるが、最も大きなものとしては、これが『チェロ協奏曲第1番』作品58を改作したものであるという点が挙げられる。実際、楽曲の構成、主要主題は旧作と同じものによっているが、結果としては大きく異なる大曲に仕上がっている。また、管弦楽が交響的要素を強めている点も題名に反映されたと言える。

初演者であり、改作にも協力したムスティスラフ・ロストロポーヴィチに献呈されている。

作曲(改作)の経緯[編集]

プロコフィエフは第二次世界大戦直後にすでに協奏曲第1番の改作を考えており、1947年12月にこの作品を蘇演したロストロポーヴィチに、改作の意思を表明している。この年から1949年にかけて『チェロ・ソナタ ハ長調』作品119を作曲した後、プロコフィエフは1951年から、古今のチェロ曲を研究しつつ、ロストロポーヴィチの協力を得て、協奏曲第1番の改作に着手した。1948年以降は病床にあったにもかかわらず、旺盛な創作意欲によって改作は進み、1952年1月に完成した(初演後にも一部改訂が行われている)。

初演は1952年2月18日、モスクワにおいて、ロストロポーヴィチのチェロ独奏、スヴャトスラフ・リヒテル指揮、モスクワ青年交響楽団によって行われた。リヒテルはこれが生涯でただ一度の指揮だった。

楽器編成[編集]

独奏チェロ、ピッコロフルートオーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバティンパニチェレスタ(もしくはフルートが代奏)、弦五部

楽曲構成[編集]

3楽章からなり、楽章の構成と配置は基本的に協奏曲第1番と同一であるが、全曲で約38分に拡大されている。

  1. アンダンテ、ホ短調、4分の2拍子。三部形式
  2. アレグロ・ジュスト、イ短調、4分の4拍子。自由なソナタ形式
  3. アンダンテ・コン・モート、ホ長調、2分の3拍子。二重変奏曲形式(2つの主題による別個の変奏が組み合わされている)。2つ目の主題はベラルーシ民謡の"Бывайце здаровы"(「お達者で」)によるもの。

参考文献[編集]

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー プロコフィエフ(音楽之友社