ピアノ協奏曲第4番 (プロコフィエフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セルゲイ・プロコフィエフピアノ協奏曲 第4番 変ロ長調 作品53は、隻腕のピアニストパウル・ヴィトゲンシュタインの委嘱作品の一つで、左手のためのピアノ協奏曲1931年に完成されたが、ヴィトゲンシュタインが理解不能という理由で却下したため(それは表向きで技術的に至難であったからという説もある)、プロコフィエフの(完成された)ピアノ協奏曲で唯一生前に初演されなかった作品となった。同じくヴィトゲンシュタインのために書かれたモーリス・ラヴェルの《左手のためのピアノ協奏曲》とは異なり、今日でも演奏される機会は多くない。

初演はプロコフィエフ死後の1956年9月5日にドイツのピアニスト、ジークフリート・ラップのピアノ、ベルリン放送交響楽団(現ベルリン・ドイツ交響楽団)によって西ベルリンで行われた。ラップは第二次世界大戦でヴィトゲンシュタインと同様に右手を失ったが、やはり同様に左手のみでピアニストとしての活動を続けようとしてレパートリーを探していたところ、たまたま作品目録でこの協奏曲の存在を知り、プロコフィエフの未亡人ミーラフランス語版に連絡して楽譜を入手し、初演に至った。

楽器編成[編集]

フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、トランペット1、トロンボーン1、バスドラム、ピアノ、弦五部(第1・第2ヴァイオリンヴィオラチェロコントラバス

同じくヴィトゲンシュタインの委嘱によるラヴェルやリヒャルト・シュトラウスの協奏作品などと異なり、オーケストラは比較的小編成である。

楽曲構成[編集]

全曲を通して約25分の長さだが、以下の4楽章から成る。

  1. ヴィヴァーチェ (4-5分)
  2. アンダンテ (9-13分)
  3. モデラート (8-9分)
  4. ヴィヴァーチェ (1-2分)

第1楽章は後続楽章の前奏曲として、終楽章は第1楽章を短縮したような短い終曲としての役割をそれぞれ担っていおり、本作の根幹は中間の2楽章にある。アンダンテ楽章はより内省的で、ひどくロマンティックなところがある。辛辣なモデラート楽章は、変形されたソナタ形式による。作品の終わり方は風変わりで、ピアノがピアニッシモで非常に高い変ロ音(国際式表記:B7)まで駆け上がり、終結する。

外部リンク[編集]