ジークフリート・ラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジークフリート・ラップSiegfried Rapp, 1917年2月24日 - 1977年[1])は、ドイツ出身のピアニスト。生没年については、1915年生まれ・1982年没という資料も存在する[2]

経歴[編集]

第一次世界大戦期のドイツ帝国ザクセン王国ケムニッツに生まれる。ライプツィヒ音楽院ロベルト・タイヒミュラー英語版に師事した。1938年から第二次世界大戦に従軍したものの、右手を榴散弾で負傷して切断せざるを得なくなり、1943年に退役した。その後は、左手のみのピアニストとして活躍した。

左手用のピアノ曲のレパートリーの拡張に尽力し、セルゲイ・プロコフィエフピアノ協奏曲第4番を、1956年9月5日に西ベルリンにて、マルティン・リッヒの指揮するベルリン放送交響楽団との共演で初演したことが主な業績として特筆される。この作品は、パウル・ウィトゲンシュタインの依頼で1931年に作曲されたが、依頼者に演奏を拒絶され、長らく日の目を見なかったものであった。

脚註[編集]

[ヘルプ]