中央電力庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中央電力庁 (Central Electricity Board) は、電力供給を標準化するために、1926年電力(供給)法 (The Electricity (Supply) Act 1926) に基づき設置されたイギリスの機関である。当時、電力業界は600を超える電力会社と地方自治体の事業からなっており、地域によって電圧周波数が異なっていた(直流の地域を一部含む)。初代長官はアンドルー・ダンカン

CEBは、イギリス初の同期化された交流送電網(132kV、50Hzで通電)を確立した。1933年までのそれは地域的ネットワークの集合体であり、緊急時に連結し、イングランドの大部分をカバーしていた。この送電網は、1938年に全国的システム(全国高圧送電線網)として稼動を開始した。送電網が1947年電力法によって国有化され、英国電力公社に継承されると、CEBは廃止された。

CEBは、電力委員会(Electricity Commissioners運輸省に対して責任を負う産業監査機関)と併置されていた。

参考文献[編集]