下関マグロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

下関マグロ(しものせきまぐろ、1958年6月17日 - )は、フリーライター。本名、増田剛己。こちらの名前でも仕事をしている。山口県下関市生まれ、同県防府市で育つ。桃山学院大学卒。 ビジネス系のライターを経て、個人的興味からゴッホ今泉のフェティッシュ系パーティーなどに出入りし、一時それに没頭。 All About Japanのフェチガイドを一時務めていた。 フェチジャンルでは主にウェット&メッシーに共感を示し、パイ投げ動画の製作販売も行う。1980年代末、3年ほど北尾トロと、能天気商会という会社とバンドをやっていたことがある。その関係で、北尾とは共著が何冊かある。

裏モノJAPAN連載当時、真剣に結婚相手を探していたのに編集長のオガタがそれを妨害していると見做した為か、彼を殴ってしまうという暴挙に出て、当時唯一残されていた雑誌連載が終了。 それを皮切りに、生活のため活用していた消費者金融各社への返済が滞り始め、弁護士事務所を介し任意整理し約2年後に返済終了している。[1]

2008年5月に会社員女性と入籍。 それ以降、自身が公開する日記での「金がない、困った」という発言が減少した。

また、一時110kgを越える肥満体であったが、糖尿病発覚を期にダイエットに乗り出し成功し、現在は普通体型を維持。三浦展の「下流は太る!」など各所で取材されている。

2010年から、診断済みのADHD(注意欠陥多動性障害)であると自身のプロフィールに書いている。

本名でAll About Japanの散歩ガイドを担当しているため、テレビ朝日「やじうまテレビ」、「グッド!モーニング」、テレビ東京「7スタライブ」、「なないろ日和!」、日本テレビ「ヒルナンデス!」、文化放送「浜美枝のいつかあなたと」、「川中美幸 人・うた・心」など、テレビやラジオ番組に散歩の達人として登場している。下関マグロ名では、フェチに詳しい人物としてテレビ東京「ゴッドタン」、J-WAVE「PLATOn」、MXテレビ「5時に夢中!」などへのゲスト出演がある。

著書[編集]

  • 『下関マグロのおフェチでいこう 』風塵社 1999年
  • 『東京アンダーグラウンドパーティー』二見書房 2006年
  • 北尾トロと共著)『おっさん糖尿になる』ジュリアン 2007年
  • (北尾トロと共著)『おっさん傍聴にいく!―最近の裁判所でのあれやこれやをグダグダ語ってみる。』ジュリアン 2007年
  • 『たった10秒で人と差がつくメモ人間の成功術』幻冬舎 2008年
  • 『まな板の上のマグロ』幻冬舎 2009年
  • 『歩考力』ナショナル出版 2009年
  • 『思考・発想にパソコンを使うな』幻冬舎 2009年 ※増田剛己
  • 『脳を丸裸にする質問綠』アスキー新書 2010年 ※増田剛己
  • (北尾トロと共著)『昭和が終わる頃、僕たちはライターになった』ポット出版 2007年
  • (西益屋ハイジと共著)『おつまみスープ』自由国民社 2012年
  • 『もしかして大人のADHDかも?と思ったら読む本』PHP研究所 2013年

脚注[編集]

外部リンク[編集]