下村観山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
下村 観山
弱法師

下村 観山(しもむら かんざん、1873年明治6年)4月10日 - 1930年昭和5年)5月10日)は、明治 - 昭和初期の日本画の大家。

1873年(明治6年)、和歌山県和歌山市に生まれる。8歳のとき東京へ移住。最初狩野芳崖に、その没後は芳崖の親友である橋本雅邦に師事する。東京美術学校(現・東京藝術大学)を第一期生として卒業後、同校で教えていたが、1898年に岡倉天心が野に下ったときに行動を共にし横山大観菱田春草とともに日本美術院の創設に参加した。

1905年に、師に同行し茨城県北部の五浦海岸の別荘「六角堂」へ移住し画業を深めた。

代表作品[編集]

  • 「光明皇后」(1897)(宮内庁三の丸尚蔵館
  • 「修羅道」(1900)(東京国立博物館
  • 「鵜鴎図」(1901)(滋賀県立近代美術館
  • 「ダイオゼニス」(1903)(東京国立近代美術館
  • 「木の間の秋」(1907)(東京国立近代美術館) 
  • 「大原御幸」(1908)(東京国立近代美術館)
  • 「鵜図屏風」(1912)(東京国立博物館)
  • 「白狐」(びゃっこ)(1914)(東京国立博物館)
  • 「弱法師」(よろぼうし)(1915)(東京国立博物館)(重要文化財
  • 「春雨」(1916)(東京国立博物館)
  • 「楠公」(1921)(東京国立博物館)
  • 「景雲餘彩」(1922)(宮内庁三の丸尚蔵館)

主な文献[編集]

  • 「観山画集 下村観山1」 大日本絵画、1981年
  • 「下村観山伝 下村観山2」 同上  各大著
  • 「横山大観 下村観山」 現代の水墨画2:講談社 1983年
  • 「下村観山 菱田春草」 現代日本絵巻全集4:小学館 1982年
  • 図録 「大観と観山展」 横浜美術館、日本経済新聞社、1990年
  • 図録 「下村観山展―生誕120年記念」 朝日新聞社、1993年
  • 図録 「生誕140年記念 下村観山展」 横浜美術館、2014年