菱田春草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
菱田春草
生誕 菱田三男冶
1874年9月21日
長野県飯田市
死没 1911年9月16日(満36歳没)
東京
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 美術家
運動・動向 日本画

菱田 春草(ひしだ しゅんそう、1874年明治7年)9月21日 - 1911年(明治44年)9月16日)は、明治期の日本画家。横山大観下村観山とともに岡倉天心の門下で、明治期の日本画の革新に貢献した。

生涯[編集]

王昭君図 善寶寺蔵

1874年(明治7年)、長野県飯田(現・飯田市)に生まれた。本名は三男治(みおじ)。1890年(明治23年)、東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学。春草は美校では大観、観山の1学年後輩にあたる。美校での師は狩野派の末裔である橋本雅邦であった。春草は大観、観山とともに、当時美校校長であった岡倉天心の強い影響下にあった。

過激な日本画改革論者であった岡倉天心には反対者も多く、1898年(明治31年)、天心は反対派に追われるように東京美術学校校長を辞任した(反対派のまいた怪文書が原因だったとされる)。当時、美校の教師をしていた春草や大観、観山も天心と行動を共にして美校を去り、在野の美術団体である日本美術院の創設に参加した。

その後春草は1903年(明治36年)には大観とともにインドへ渡航。1904年(明治37年)には天心、大観とともにアメリカへ渡り、ヨーロッパを経て翌年帰国した。1906年(明治39年)には日本美術院の五浦(いづら、茨城県北茨城市)移転とともに同地へ移り住み、大観、観山らとともに制作をした。しかし、春草は眼病(網膜炎)治療のため、1908年(明治41年)には東京へ戻り、代々木に住んだ。代表作『落葉』は、当時はまだ郊外だった代々木近辺の雑木林がモチーフになっている。1911年(明治44年)、満37歳の誕生日を目前にして腎臓疾患(腎臓炎)のため死去した。

画業[編集]

黒き猫

春草、大観らは、1900年(明治33年)前後から、従来の日本画に欠かせなかった輪郭線を廃した無線描法を試みた。この実験的画法は世間の非難を呼び、「朦朧体」(もうろうたい)と揶揄された。『菊慈童』などが「朦朧体」の典型的作品である。1907年(明治40年)には「官」の展覧会である文展(文部省美術展覧会)の第1回展が開催されたが、この時出品した、色彩点描技法を用いた『賢首菩薩』も手法の革新性のため、当時の審査員には理解されなかった。晩年の『落葉』は、伝統的な屏風形式を用いながら、空気遠近法(色彩の濃淡や描写の疎密で、遠くの事物と近くの事物を描き分ける)を用いて日本画の世界に合理的な空間表現を実現した名作である。このように、伝統的な日本画の世界にさまざまな斬新な技法を導入し、近代日本画の発展に尽くした画家で、天心もその早すぎた死を惜しんだ。大観は、後に日本画の大家と褒められると、「春草の方がずっと上手い」と答えたという。また「(春草が)生きていれば自分の絵は10年は進んだ」とも残している。

代表作[編集]

最後の文展出展作品。春草はこれを僅か5日で描いた。妻をモデルにした女性の立ち絵の制作が、構図や妻の貧血などで行き詰った為であった。

その他の作品[編集]

  • 「雨後」
  • 「五味子に小禽」
  • 「秋溪」
  • 「白衣観音」
  • 「雨中山水夏山水」
  • 「梅に鶯」
絶筆。1911年3月に完成。春草はこの年の2月に病気が再発し、筆がまともに取れない状態で描き上げた。

主な書籍[編集]

  • 「菱田春草」 菱田春夫編著 大日本絵画 1986年
  • 「菱田春草素描集」 全3集 大日本絵画 1989年
  • 「菱田春草 こころの秋」小池賢博編集<巨匠の日本画4> 学研 2004年ほか
  • 「菱田春草」<別冊アサヒグラフ>日本美術特集編51、朝日新聞出版、1987年ほか
  • 「菱田春草」近藤啓太郎講談社 1984年
  • 「近代日本画、産声のとき 岡倉天心と横山大観、菱田春草」 児島孝著 思文閣出版 2004年

外部リンク[編集]