ロバート・マッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・マッキーRobert McKee1941年 - )は生まれの、アメリカ合衆国シナリオ講師である。トライスター・ピクチャーズゴールデン・ハーベストなどのメジャースタジオのコンサルタントをつとめる。

1991年には『J'accuse: Citizen Kane』でイギリス映画テレビ芸術アカデミーのアワード(イギリスのエミー賞に相当する)を受賞。

ロサンゼルスとロンドンに家がある。

著作「ストーリー」(未翻訳)Story: Substance, Structure, Style and the Principles of Screenwritingは多くのハリウッドの脚本家にインスピレーションを与える聖書となっている。

影響[編集]

35名のアカデミー賞受賞者、164名のエミー賞受賞者をはじめ、セミナー受講生は華々しく活躍している。 最近のアカデミー賞受賞作品などにも影響は強く、現在世界で最も大きな影響を与えるシナリオ講師である。

脚本セミナー[編集]

情熱的なセミナーで知られる。映画脚本以外にも企業家に向けたセミナーも行っている。

1984年以来、50,000以上の学生が世界中の様々な都市で、マッキーのコースをとっている:ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、パリ、シドニー、トロント、ボストン、ラスベガス、サンフランシスコ、ヘルシンキ、オスロ、ミュンヘン、テルアビブ、オークランド、シンガポール、バルセロナ、ストックホルム、サンパウロなど。 2011年3月に、彼はボゴタ、コロンビアの行で4日間の授業を行った。

参考[編集]

  • アダプテーション - Adaptationマッキーが(本人ではない)出てくる映画。セミナーのシーンがある。

翻訳[編集]

2009年時点において、マッキーの主著 Story: Substance, Structure, Style and the Principles of Screenwriting は、既に19カ国で翻訳されているが、日本語版は刊行されていない。同書の翻訳を終えた大阪芸術大学(当時)の純丘曜彰によれば、2011年時点、複数の出版社の関係するトラブルにより、日本における出版は絶望的な状況にあるという。マッキー本人はそのような事情に唖然とし、落胆していると純丘は述べている[1]

出典[編集]

  1. ^ ここまで. 純丘曜彰 (2009年9月6日). “ロバート・マッキー氏からのメール” (Japanese). 2013年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月2日閲覧。

外部リンク[編集]