ロタンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
元はガレリウスの墓だった教会(ギリシア テッサロニキ

ロタンダ: rotunda)は円形の建物を指し、通常その上部はドームになっていることが多い。円形建物または円形建築物とも。また、建物の中の円形の部屋を指すこともある。たとえば、ワシントンD.C.アメリカ合衆国議会議事堂などにある。円形広間とも。

ロトゥンダ(ラテン語: rotunda)、ロトンダ(イタリア語: rotonda)、ロトンド(フランス語: rotonde)とも呼ばれる。

中央ヨーロッパのロタンダ[編集]

ロタンダは中世の中央ヨーロッパで特によく建設された。中央ヨーロッパでは、9世紀から11世紀にかけて多数の教区教会が建設された。そのころの円形の教会は、ハンガリーボヘミアポーランドクロアチアオーストリアバイエルンダルマチアドイツチェコなどに多数現存する。ローマのパンテオンを原点とする見方もあるが、その多くはローマ帝国版図外にある。一般にその室内の直径は6mから9mで、アプスは東を向いている。中心の円の周りに3つから4つのアプスを備えたものもあり、それらはカフカースのものとも関係がある。

パンノニア平原のロタンダ[編集]

現在のハンガリーに当たるパンノニア平原にはいくつかの種類のロタンダが見られる。これらの建物は、古代の小さな村の教会が徐々に増築されたものと解釈できる。現存しているものも多く(Nagytótlak, Kallósd, Kissikátor, Bény, Süvéte)、古代の土台を発掘して保存しているものも多い。Sárospatak の教会では、単純な円形の身廊と東側のアプスが見て取れる。Dunakeszi には14世紀に長軸方向に増築された教会がある。Isaszeg にはロタンダそのものを東西に大きくする増築をした教会があり、元のロタンダの土台の痕跡がゴシック建築の身廊内に残っている。多くの場合、ロタンダは新たなより大きな教会の身廊として使われている(Bagod-Szentpál, Hidegség, Vágkeresztur, Ipolykiskeszi, Herencsény, Szalonna)。このような教会はパンノニア平原のあちこちにある。

有名なロタンダ[編集]

宗教建築[編集]

娯楽施設[編集]

教育施設[編集]

政府の建物[編集]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • Vera, Gervers-Molnár (1972): A középkori Magyarország rotundái. (Rotunda in the Medieval Hungary). Akadémiai, Budapest
  • József, Csemegi (1949): A tarnaszentmáriai templom hajójának stíluskritikai vizsgálata. (Studies on the Nave of the Church at Tarnaszentmária.) in: Antiquitas Hungarica III (1949), 92-107.
  • Sena Sekulić-Gvozdanović (1994): Templom erődítések Horvátországban. (Fortresses in Croatia). Tankönyvkiadó, Zágráb. http://mars.elte.hu/varak/aahrtemplomvarak/hr%20templomvarak.htm