ロジテック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロジテック株式会社
Logitec Corp.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0003
東京都千代田区一ツ橋2丁目6-3
一ツ橋ビル
設立 1982年昭和57年)6月
業種 電気機器
事業内容 パソコン周辺機器や情報通信関連製品、オプトエレクトロニクス関連製品の製造・販売。
代表者 代表取締役社長 葉田順治
資本金 2億円
従業員数 91名(2010年4月1日現在)
主要株主 エレコム(株) 100%
主要子会社 ロジテックINAソリューションズ株式会社
外部リンク http://www.logitec.co.jp/
テンプレートを表示

ロジテック株式会社: Logitec Corp.)は、日本コンピュータ周辺機器メーカー。エレコムの100%子会社で各種インターフェース機器、液晶モニターシンクライアント端末の開発、近年はAV機器等の開発等など幅広い製品を持つ。 尚、エイベックス・グループメモリーテックとの関連会社であるメディアロジテック株式会社とは資本関係を一切持たない[1]別会社である。[要出典]

沿革[編集]

  • 1982年昭和57年)6月 - 創業。なお「ロジテック」という商標自体は、親会社だった関東電子(後の丸紅インフォテック、現・シネックスインフォテック)が、過去にラジコンや家庭用テレビゲーム等に用いた事もあり、パソコン業界の中では古い商標である(1974年11月に最初の出願がされた)。
  • 2004年平成16年)12月 - 親会社の丸紅インフォテックが全保有株式をエレコムに譲渡。これ以降ロジテックは、1万円前後、低価格帯の15〜17インチ液晶ディスプレイの開発をしなくなった。
  • 2007年(平成19年)6月 - 20余年携わってきたストレージ開発技術をサービスに特化させ、障害が起きたあらゆる記憶媒体から消失したデータを救出するデータ復旧サービスを開始。サービスを提供するのはロジテックが運営する「データ復旧技術センター」。同センターはデータ消去サービスも提供している。
  • 2010年(平成22年)10月 - 長野事業所をロジテックINAソリューションズ株式会社に分割、翌年4月から事業活動開始。
  • 2012年(平成24年)10月 - ネットワーク関連製品とAV関連製品をELECOMブランドに移行[2][3]

主な製品[編集]

300mbpsUSBポート付無線ルーター(2009年度グッドデザイン賞受賞)
Bluetooth V2.1+EDR(Enhanced Data Rate)対応ワイヤレスヘッドフォン LBT-HP120C2
リモコン搭載 車載用トランスミッター LAT-FMi300BK

子会社[編集]

  • ロジテックINAソリューションズ株式会社(長野県伊那市) - 旧・ロジテック株式会社 長野事業所

注釈[編集]

  1. ^ エイベックスは三菱グループ資本が加入しているが、エレコム及びロジテックは後述の如く丸紅系列資本である。
  2. ^ プレスリリース - > 海外事業を中心としたさらなる事業拡大を目指し"ロジテック"ブランドで展開中のネットワーク関連製品およびAV関連製品を「ELECOM」ブランドに統合 - ロジテック
  3. ^ 海外事業を中心としたさらなる事業拡大を目指しネットワーク関連製品およびAV関連製品を「ELECOM」ブランドに統合

関連項目[編集]

外部リンク[編集]