レオン・バクスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バクストの自画像

レオン・サモイロヴィッチ・バクストЛеон Николаевич Бакст / Leon Samoilovitch Bakst, 1866年2月8日 - 1924年12月28日)は、ロシア画家、挿絵画家、舞台美術家、衣裳デザイナー。誕生日には、5月10日説もある。

セルゲイ・ディアギレフが主宰したバレエ・リュスで、『火の鳥』、『牧神の午後』、『ダフニスとクロエ』ほかの舞台美術を担当した。

生涯[編集]

白ロシア(現ベラルーシ)、グロドノの中流ユダヤ家庭に生まれた。一家でペテルブルクに移り、ギムナジウム卒業後の1883年 - 1887年、ペテルブルク帝室美術院に学び、かたわら、マッチのラベル描き・図書の装釘などをした。

母の父の姓から、レフ・ローゼンベルク(Lev Rosenberg)とも称したが、1889年の最初の展覧会には、母方の祖母姓Baxterからバクストを名乗った。1890年アレクサンドル・ブノアを知り、その紹介で『芸術世界』グループの同人となる。セルゲイ・ディアギレフもいた。

1891年から、ヨーロッパ・北アフリカ諸国に旅行し、1893年 - 1896年パリジュリアン画塾で、東方趣味のジャン=レオン・ジェロームらに学び、また、フィンランドの風景画家、アルベルト・エーデルフェルト(Albert Edelfeld)にも師事した。

1896年にペテルブルクへ帰り、肖像画家・装飾画家として迎えられたが、1898年に創刊された『芸術世界』誌の表紙絵・挿絵・肖像画で名を広めた。1904年の同誌の廃刊後は、『アポロン』『金羊毛』などの雑誌に描いた。

1900年代初めにはペテルブルクのエルミタージュ劇場(Hermitage Theatre)、アレクサンドリンスキー劇場(Alexandrinsky theatre)、マリインスキー劇場で、エウリピデスの『イッポリトゥス』、ソポクレスの『コロノスのオイディプス』、『アンティゴネ』などの舞台装置を担当した。

1906年芸術世界の同人がパリグラン・パレで催したロシア美術展では、バクストの飾り付けも好評だった。帰国後に開いた私塾の生徒には、バレエ・ダンサーのニジンスキーがいた。マルク・シャガール1908年 - 1910年、在籍した。

ディアギレフらが1909年パリで旗揚げし、1911年から、バレエ・リュスと称したバレエ団で、バクストの舞台装置は、舞踊団の世界的な評判を支える重要な柱であった。

バレエ・リュス以外の装置も手がけ、ディアギレフと疎隔した時期もあった。バレエ・リュスを離れたバレリーナイダ・ルビンシュタインの、1911年の『聖セバスティアンの殉教』、1912年の『サロメ』、1913年の『ラ・ピサネッラ』などである。

1912年、ユダヤ人のゆえにペテルブルクを離れ、パリに定住した。

1913年夏、ロンドンで自作の展示会を開き、またこの頃から、パリでファッションにも関係した。

1924年、58歳でパリに病死。病名は明らかでない。パリ17区のバチニョル墓地(Cimetière des Batignolles)に埋葬。

1904年に結婚した妻との間は、平坦でなかった。

バレエ・リュスの舞台装置[編集]

舞台美術家としてのバクストの業績は、バレエ・リュスバレエ作品に目立つ。

以下のうち、『クレオパトラ』はエジプト、『シェヘラザード』はアラビア、『青神』はインド、『牧神の午後』と『ダフニスとクロエ』はギリシャを描いている。

作品例[編集]

参考文献[編集]

いろいろなウェブ情報のほか

  • 藤野幸雄『春の祭典 - ロシア・バレー団の人々』晶文社、1982年。ISBN 978-4-7949-5650-7

外部リンク[編集]