芸術世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

芸術世界(ミール・イスクーストヴァ)』(ロシア語:«Мир иску́сства», Mir iskusstva)はロシアの美術雑誌。これが発端となって実現された芸術運動は、1900年代のヨーロッパ芸術を革新したロシアの文化人に、多大な影響を与えた。『芸術世界』の同人は、1909年から、パリで活動中のバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)にも貢献した。皮肉なことに、ロシア以外でこの雑誌の現物を見た人はほとんどいない。

沿革[編集]

1899年に、アレクサンドル・ベノワレオン・バクストセルゲイ・ディアギレフの3者によってペテルブルクによって創刊される。移動派末期の美的水準の低さを攻撃し、芸術家の個性やアールヌーヴォーの原理を擁護することを目的とした。

この3者のほかに活躍した『芸術世界』の同人は、ムスティスラフ・ドブジンスキーコンスタンティン・ソモフらがいる。『芸術世界』が企画した展覧会は、ミハイル・ヴルーベリミハイル・ネステロフイサーク・レヴィタンらのロシア内外の著名な画家を魅了した。

1904年に『芸術世界』は、「ロシア美術家連盟」に一新され、公式には1910年まで、非公式には1924年まで活動を継続した。「美術家連盟」は、ワレンチン・セーロフコンスタンチン・コロヴィンボリス・クストーディエフジナイーダ・セレブリャンコーワらの画家や、イヴァン・ビリビンらの挿絵画家、イーゴリ・グラーバリらの絵画修復家、セルゲイ・スデイキンニコライ・レーリッヒらの舞台デザイナーが参加した。

美術作品[編集]

英国ラファエル前派に同じく、ベノワとその友人は、近代の産業社会のもつ美に反する性質に嫌悪感を覚え、画壇の闘争的な実証主義に支えられつつ、すべての新ロマン主義的なロシアの美術家を糾合しようとした。

かつてのロマン主義者のように、『芸術世界』の同人は、古い時代の美術作品、とりわけ伝統的な民芸品18世紀ロココ美術について、理解と保管を広めようとした。『芸術世界』同人によって最も評価された画家は、おそらくアントワーヌ・ワトーであろう。

このように復古主義的な事業を、『芸術世界』の同人たちは、いわば自己パロディの精神によってユーモラスに繰り広げた。彼らが耽溺したものは、仮面マリオネット謝肉祭人形劇、そしてメルヒェンであった。グロテスクなものや愉快なものが、まじめなものや情緒的なものに勝るとされた。お気に入りの土地はヴェネツィアであった。こうしてディアギレフストラヴィンスキーは、自分の埋葬場所にヴェネツィアを選んだのである。

表現手段について言えば、『芸術世界』は、油彩よりも、水彩グワッシュの軽い質感や透明感を好んだ。「各家庭に芸術を」を標榜して、しばしばインテリアデザイン装幀を手懸けた。バクストとベノワは、《ペトルーシュカ》(1911年)や《牧神の午後》(1912年)のための革新的な装飾(デコール)によって、舞台美術に革命をもたらした。

外部リンク[編集]