ルキウス・セルギウス・カティリナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カティリナ(右下の人物)を非難するキケロチェザーレ・マッカリ

ルキウス・セルギウス・カティリナラテン語: Lucius Sergius Catilina, 紀元前110年? – 紀元前62年)は、共和政ローマ政治家。共和政ローマを転覆しようとしたカティリナの陰謀を起こした。

ルキウス・コルネリウス・スッラ配下の武将として民衆派の大量粛清に加担した一人であったカティリナは、スッラの死後、次第に借金を多く作るようになり、借金を帳消しにするという公約を掲げて執政官に立候補しようとした。スッラの古参兵を始めとして、借金に苦しむ人々の支持が見込まれたカティリナであったが、経済的に常に金を貸す側であったローマの元老院議員たちはこれを快く思わず、カティリナの立候補を認めようとせず、妨害工作を行った。

紀元前63年、思い余ったカティリナは彼の支持者たちとともに、その年の執政官マルクス・トゥッリウス・キケロの殺害をはじめ、武力をもってローマを制圧するクーデターを図るが、この計画は密告によって事前に漏れ、カティリナの同志5人は捕えられ、即刻処刑された。

ローマ市内にいなかったカティリナは逮捕を免れたが、ローマ軍団による攻撃を受け、彼に付き従う3,000人の兵士とともに玉砕した。

関連項目[編集]