ティトゥス・ポンポニウス・アッティクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ティトゥス・ポンポニウス・アッティクスラテン語: Titus Pomponius Atticus, 紀元前110年 - 紀元前32年)は、共和政ローマ期の知識人マルクス・トゥッリウス・キケロとは親友であり、アッティクスあての多くの書簡が存在する。

由緒ある家柄のエクィテス(騎士階級)の家系に生まれる。当時のローマでも屈指の知識人の1人であったが、エピクロス哲学を信奉して、公職に就くことはなかった。だが、紀元前85年ルキウス・コルネリウス・キンナの反乱において中立的態度を取ったことが非難を招き、それに嫌気をさしたアッティクスはローマを離れてアテナイに移住、以後の生活の拠点とした。

マルクス・キケロとは幼馴染であり、その弟クィントゥスに自分の妹ポンポニアを娶わせるほどの仲であった。また、アテナイを訪れたルキウス・コルネリウス・スッラとも親交を結んでいる。さらに紀元前58年に母方の叔父の遺言によって膨大な遺産の相続人に指定されたこともあって、莫大な資産家となった。

その後、彼はかつての古代ギリシア文明の中心地でありながら衰微したアテナイの再興のために、私財を提供する一方で自ら出版業を始めた。当時の出版業は社会的身分は高くなく、アッティクスのような上流階層の家柄の人間が行う仕事ではなかった。だが、彼は利益の追求よりも一介の文人として出版を通じてアテナイの文芸を再興し、さらにその影響を受け続けてきた祖国・ローマの文芸の振興に繋げようという目的をもって行ってきたと考えられている。

ローマがガイウス・ユリウス・カエサルポプラレス(民衆派)とキケロやグナエウス・ポンペイウスといったオプティマテス(閥族派)との内戦でもアッティクスは政治的中立を維持し、両派からとも親交を失うことはなかった。現にアッティクスは親友キケロがカエサルの跡を継いだマルクス・アントニウスオクタウィアヌスによって殺害されながらも、自身の娘ポンポニアをオクタウィアヌスの右腕マルクス・ウィプサニウス・アグリッパに嫁がせた。

キケロの書簡には自分の著作の校訂・出版に関するアッティクスとのやりとりの存在やアッティクスの下に多くの写本係や校訂係が居た事などが記されており、当時の出版の状況を断片的ながら明らかにしている。

参考文献[編集]

  • 箕輪成男 『パピルスが伝えた文明』 出版ニュース社 2002年、ISBN 4-7852-0103-7