リオ・ティント・アルキャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リオ・ティント・アルキャン
Rio Tinto Alcan Inc.
市場情報 リオ・ティント非上場子会社
本社所在地 カナダの旗 カナダ
モントリオール
設立 1902年アルコアの子会社として)
業種 航空機器、鉄道車両、建設包装アルミナアルミ精練
事業内容 アルミニウム、アルミ圧延品、アルミ押出ビレット、鍛造品、電線、包装用素材等
代表者 Jacynthe Côté (社長CEO
売上高 278.6億米ドル(2006年)
従業員数 68,000名(合弁子会社含む)
主要株主 リオ・ティント
外部リンク http://www.riotintoalcan.com/
テンプレートを表示

リオ・ティント・アルキャン(Rio Tinto Alcan Inc.)は、カナダ企業。世界的なアルミニウムメーカーである。本社はカナダ・ケベック州モントリオール。アルミニウムの原料であるボーキサイトの採掘から精錬、圧延などの加工までを一手に行う世界最大のアルミニウム企業。

歴史[編集]

アメリカ合衆国のアルミ大手アルコアのカナダ子会社が1928年に独立してアルキャン(Alcan)となり、世界第3位のアルミ大手に成長。

アルコアが2007年に敵対的買収を提案した際、アルキャン側はこれを拒否し、英豪系資源メジャー リオ・ティントの友好的買収に合意。2007年11月、リオ・ティントのアルミ部門と統合し世界最大のアルミ企業として、リオ・ティント・アルキャンへ社名変更された。

製品部門[編集]

ボーキサイト・アルミナ部門[編集]

アルキャンはボーキサイト鉱山6ヶ所、アルミナ精練所5ヶ所、アルミナ特殊工場6ヶ所を所有、運営している。ボーキサイト・アルミナ部門では原料のボーキサイトをアルミ精練用のアルミナに精製し、社内の新地金部門と外部の精練所に供給している。またトラック、鉄道、港湾及び海運を利用した独自の運送網を確保している。

新地金部門[編集]

アルキャン新地金部門はアルミ精練施設・発電設備・精練技術及び設備販売、技術サービス、アルミ取引事業、電極生産設備、フッ化アルミニウム生産工場から成る。

アルキャンは11の国または地域で22ヶ所の精練所を所有・資本参加している。

アルキャン傘下の精練所[1]
所在地 年間産出量 (kt) 所有比率 (%)
アイスランドハフナルフィヨルズゥル(ISAL) 179 100
アメリカ合衆国ケンタッキー州セブリー 196 100
イギリススコットランドロッハバー 43 100
イギリスラインマウス精練所 178 100
オーストラリアクイーンズランド州ボイン島精練所 556 59.39
オーストラリアタスマニア州ベル湾アルミニウム精練所 177 100
オーストラリアNSW州トマゴ・アルミニウム精練所 520 51.5
オマーンマスカット市ソハール 360 20
カナダケベック州アルマ 415 100
カナダケベック州サグネ市アルヴィダ 166 100
カナダケベック州ボーアルノワ 52 100
カナダケベック州ベキャンクール 404 25
カナダケベック州サグネ市グラン・べ 207 100
カナダブリティッシュコロンビア州キティマット 277 100
カナダケベック州サグネ市ラテリエール 228 100
カナダケベック州セティル市アルエット精練所 572 40
カナダケベック州シャウィニガン 99 100
カメルーンエデア(アルキャム、Alucam) 100 46.7
中華人民共和国寧夏回族自治区青銅峡 152 50
ニュージーランドティワイポイント 330 79.36
ノルウェーフスネス(SØRAL) 164 50
フランスダンケルク 259 100
フランスランムザン 50 100
フランスサン=ジャン=ド=モーリエンヌ 135 100

脚注[編集]

  1. ^ Alcan Primary Metal”. 2007年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]