ヨーロッパアカガエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーロッパアカガエル
Common Frog in Norway, 2007.jpg
ヨーロッパアカガエル
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 四肢動物上綱 = Tetrapoda
: 両生綱 Amphibia
: 無尾目 Anura
亜目 : カエル亜目 Neobatrachia
: アカガエル科 Ranidae
: アカガエル属 Rana
: ヨーロッパアカガエル R. temporaria
学名
Rana temporaria
Linnaeus, 1758
和名
ヨーロッパアカガエル
英名
Common Frog
European Common Frog
European Common Brown Frog

ヨーロッパアカガエル (学名: Rana temporaria) はアカガエル科のカエルである。

形態[編集]

全長は6-9センチメートルで、大抵メスのほうが大きい。擬態する。色については脇腹背中は黄緑、こげ茶、茶、黄土、灰、黄色など、明るさも変化。スコットランドには赤と黒の混ざったような色の種もありまた、交尾の時期にその色は青に変わる。また、アルビノの本種は薄黄色のと赤のを持つ。

本種の脇腹、脚、背中は不規則に暗い斑点に覆われている。また通常本種の首の背にシェブロンの形の斑点がある。

他の両生類とは違い、本種に縞模様は無く、背部にはっきりしない一本の縞がある場合があるが、大抵は何もない。

腹部はか黄色(稀にメスはオレンジ)で茶色もしくはオレンジの斑点がある場合もある。

後ろ脚は比較的短く、水かきをもつ。眼は茶色で、幼いカエルは透明。瞼は透明で水面下でも眼を守っている。水中メガネと俗に呼ばれるものがその眼と鼓膜を守る。

オスとメスは人差指のこぶの有無により見分けられるが、難しい。このこぶが交尾の際出る。交尾の時オスは鳴き声を出しその後のどが青くなる。交尾の時期オスは灰色がかった緑色になり、メスは茶色と赤になる。

生息地が同じのヨーロッパヒキガエルと混同されやすいが、本種のほうが大きい点、はねる点、歩き方の点が違う。その上、本種は鼻が尖り、肌がなめらかで、ヨーロッパヒキガエルはいぼがある。本種には目の横に暗い斑点があるが、ヨーロッパヒキガエルには無い。

卵の成長の様子

分布[編集]

北極圏などの最北部のヨーロッパ、最東部のウラル山脈、大半を除くイベリア半島、南部のイタリア、南部のバルカン半島に多く生息する。

他にはアルバニアアンドラオーストリアベラルーシベルギーブルガリアクロアチアチェコ共和国デンマークフィンランドフランスドイツギリシアハンガリーアイルランドリヒテンシュタインルクセンブルクマケドニア共和国オランダノルウェーポーランドルーマニアサンマリノセルビア・モンテネグロスロバキアスロベニアスペインスウェーデンスイスイギリスに生息。

最西部のアイルランドにも生息し、その場合は外来種である。

食性[編集]

繁殖期には何も食べない。成長した本種は昆虫(特にハエ)、カタツムリナメクジ蠕虫などの無脊椎動物を長く粘着性のあるで捕食する。住む所によって餌は全く異なる。年老いた本種は農地に、若いものは水に棲む。

オタマジャクシは草食性で、デトリタスなどを捕食する。

生息地と習性[編集]

一年近くは活発で、その後イギリスで10月から1月にかけて冬眠し、2月に目覚める。そしてアルプス山脈などの池に移動し、6月にはそこを離れる。

冬眠は流れる水の中、ぬかるんだ穴の中、腐植質の層の中、泥沼の底でする。その間はずっと皮膚呼吸をしている。

繁殖[編集]

池のようなところで5月から繁殖する。オスは鳴き求愛し、成功するとメスの上に乗り、交尾する。約4000個の卵を産む。

交尾の様子

脚注[編集]

  1. ^ Sergius Kuzmin, Vladimir Ishchenko, Boris Tuniyev, Trevor Beebee, Franco Andreone, Per Nyström, Brandon Anthony, Benedikt Schmidt, Agnieszka Ogrodowczyk, Maria Ogielska, Jaime Bosch, Claude Miaud, Jon Loman, Dan Cogalniceanu, Tibor Kovács, István Kis (2004年). Rana temporaria. 2008 IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2008. 2008年12月15日閲覧。

関連項目[編集]