ヨッビク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンガリーの旗 ハンガリーの政党
ヨッビク
Jobbik Magyarországért Mozgalom
党首(Elnök ガボール・ヴォナ
成立年月日 2003年10月24日
本部所在地 ブダペスト
国民議会議席数
(12%)
47 / 386
政治的思想・立場 急進主義
ナショナリズム
公式サイト Jobbik Magyarországért Mozgalom
テンプレートを表示

ヨッビク-より良いハンガリーのための運動ハンガリー語:Jobbik Magyarországért Mozgalom)、通称ヨッビクは、ハンガリー極右政党である。

来歴[編集]

ヨッビクは2002年、カトリックやプロテスタント系の大学の学生たちにより発足した「右翼青年協会」(Jobboldali Ifjúsági Közösség、略してヨッビク JOBBIK)を前身とする。

2003年10月24日、ゲルゲリー・ポングラッツにより結党。2010年4月の総選挙で世界同時不況の苦境に喘ぐハンガリー国民の支持を得て47議席を獲得、議会第三党となり、国政に初進出した。

政治的立場[編集]

ヨッビクの自警団組織「マジャル・ガーダ」のメンバー

ヨッビクは、一般的には右派ないし極右政党とみなされている。ロマ人の犯罪摘発強化、反グローバリズム、移民排斥などを掲げる。欧州の一部メディアではヨッビクをファシズム政党としていたり[1]反ユダヤ主義政党としている[2]。実際、2009年欧州議会選挙の直前、ハンガリーの政治サイトの電子掲示板に、ヨッビクの党員であり大学教授のクリスティーナ・モルバイによる「いわゆるハンガリー系ユダヤ人が、私を中傷するより、割礼したちっちゃなペニスで私と遊ぶ方が嬉しいわ」というオフレコ発言が掲載され、大きな問題になった(ハンガリーにはおよそ8~10万人のユダヤ人がいる)[3]

また、ヨッビク内には「マジャル・ガーダ」という名の自警団組織が存在し、ナチス突撃隊と比較されることもある[4]

時折、反ユダヤ的なデモを行っており、そこでは、イスラエルの国旗を燃やしたり、ガボール・ヴォナ党首が「我々は他の欧州のようにユダヤ人連中の足をなめることを拒否する」などとヘイトスピーチをするなどしており[5]、問題視されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]