ヨシアス・ツー・ヴァルデック=ピルモント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
親衛隊制服姿のヨシアス・ツー・ヴァルデック=ピルモント

ヨシアス・ゲオルク・ヴィルヘルム・アドルフ・エルププリンツ・ツー・ヴァルデック=ピルモントJosias Georg Wilhelm Adolf Erbprinz zu Waldeck und Pyrmont, 1896年5月13日 - 1967年11月30日)は、ドイツ帝国領邦ヴァルデック侯国侯世子(Erbprinz)であった人物。ドイツ革命後のヴァイマル共和国第三帝国(ナチス政権)の時代にはナチス党に所属し、親衛隊(SS)の将軍となった。

親衛隊における最終階級は親衛隊大将(SS-Obergruppenführer)および武装親衛隊大将(General der Waffen-SS)。警察における最終階級は警察大将(General der Polizei)。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

3歳の頃のヨシアス・ツー・ヴァルデック=ピルモント

ヴァルデック侯国の首都アロルゼン(現在のバート・アロルゼン)に生まれた。父はヴァルデック侯フリードリヒ。母はその妃であったシャウムブルク=リッペ侯子ヴィルヘルムの娘バティルディスオランダ摂政エンマ・フォン・ヴァルデック=ピルモントの甥であり、したがってエンマの娘であるオランダ女王ウィルヘルミナとは従姉弟の関係である[1]

1912年に陸軍士官学校に入学[1]第一次世界大戦に際してドイツ帝国陸軍に従軍して重傷を負った[2]。1917年に少尉に昇進[1]二級鉄十字章及び一級鉄十字章を受章した。大戦末期にドイツ革命が発生してドイツ帝国もヴァルデック侯国も崩壊し、父は侯位を失い、ヨシアスも世子たる地位を失ってしまった。ヴァイマル共和国下ではヴァルデックは自由州とされた。1918年から1919年にかけては反革命義勇軍(フライコール)に参加した[1]

ナチス親衛隊[編集]

親衛隊制服姿のヨシアス・ツー・ヴァルデック=ピルモント

戦後、農業の勉強をしていたが、1929年11月1日にナチス党に入党[2]。1930年3月2日に親衛隊(SS)隊員となる[1]。ミュンヘンの親衛隊第一連隊(SS-Standarte I)、親衛隊旅団「バイエルン」(SS-Brigade "Bayern" )、親衛隊集団「南方」(SS-gruppe "Süd")の司令官副官となる(司令官はヨーゼフ・ディートリヒであった)。同時に1930年9月から1933年6月にかけて親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラーの個人幕僚ともなる。ナチス党政権掌握前から親衛隊に入隊していた高貴な家柄の者として彼はヒムラーから重んじられた。

1933年11月には西デュッセルドルフから出馬してナチ党の国会議員にもなった[2]。1934年6月30日の「長いナイフの夜」の際には、逮捕された突撃隊(SA)指導者たちの死刑執行にあたった[1]。1934年6月から1935年6月に解体されるまで親衛隊の連絡事務所である第5特務集団幕僚部(Gruppenstab z.b.V)の部長となった。1935年5月から1936年12月31日まで「ライン」親衛隊上級地区(SS-Oberabschnitt "Rhein")となる。1937年1月に「フルダヴェラ」親衛隊上級地区(SS-Oberabschnitt "Fulda-Werra")が組織され、その司令官となる。1938年からは「フルダ=ヴェラ」親衛隊及び警察高級指導者(HSSPF)も兼務。ゴータヴァイマルカッセル、また彼の生まれ故郷アロルゼンなどの親衛隊と警察を支配した。本部はアロルゼンにある彼の父の居城に定めている[1]。以降、第二次世界大戦のドイツの敗戦までこの地位にあり続けた。

ヴァイマル郊外のブーヘンヴァルト強制収容所も彼の管轄下にあったが、ブーヘンヴァルト強制収容所所長カール・オットー・コッホSS大佐とは不仲であり、1941年から彼の不正経理について捜査を行わせ、ハインリヒ・ヒムラーの了承を得て、1943年8月に彼を逮捕させている。親衛隊地区裁判権を有するヨシアスは、コッホに死刑判決を下させたのち、「前線送りの代わりに執行猶予」という当時一般的だった処置が下されることを防ぐため、ブーヘンヴァルト強制収容所を去る前に銃殺刑にしている[3][2]。敗戦直前、ブーヘンヴァルト強制収容所の囚人を移送させる際に収容所に残った囚人をすべて抹殺する意志を示した[4]

戦後[編集]

逮捕後のヨシアス・ツー・ヴァルデック=ピルモント

1945年4月に連合国軍により逮捕された。1947年8月にダッハウアメリカ軍の軍事裁判にかけられて終身刑判決を受け、ランズベルク刑務所に投獄された。収監中の1946年に父が死亡しており、刑務所の中でヴァルデック=ピルモント家の家長となることとなった。1950年12月に健康状態を理由として釈放されている。さらに1953年には恩赦も受けた。1967年にラインラント=プファルツ州ライン=ラーン郡バルドゥインシュタインシャウムブルク城で死去した[1]

彼の死を受けて、長男のヴィッテキントがヴァルデック=ピルモント家の家長となった。

キャリア[編集]

階級[1][編集]

  • 1930年4月6日、親衛隊少佐(SS-Sturmbannführer)
  • 1930年5月11日、親衛隊大佐(SS-Standartenführer)
  • 1931年9月15日、親衛隊上級大佐(SS-Oberführer)
  • 1932年3月15日、親衛隊中将(SS-Gruppenführer)
  • 1936年1月30日、親衛隊大将(SS-Obergruppenführer)
  • 1941年4月8日、警察大将(General der Polizei)
  • 1944年7月1日、武装親衛隊大将(General der Waffen-SS)

受章[編集]

左から三人目の勲章をたくさん付けた人物がヨシアス・ツー・ヴァルデック=ピルモント

子女[編集]

  • 長女:マルガレーテ(1923年 - 2003年)
  • 次女:アレクサンドラ(1924 - )
  • 三女:イングリット(1931年 - )
  • 長男:ヴィッテキント(1936年 - )
  • 四女:グーダ(1939年 - )

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Yerger,p53
  2. ^ a b c d ヴィストリヒ、15頁
  3. ^ コーゴン、346頁
  4. ^ コーゴン、382頁