フリードリヒ (ヴァルデック侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ (ヴァルデック侯)

フリードリヒFriedrich, 1865年1月20日 - 1946年5月26日)は、ヴァルデック侯国最後の(在位:1893年 - 1918年)。全名はフリートリヒ・アドルフ・ヘルマンFriedrich Adolf Hermann)。ゲオルク・ヴィクトルの長男。姉にオランダヴィレム3世妃となったエンマがいる。

フリードリヒは1865年1月20日、ヴァルデック侯ゲオルク・ヴィクトルとその最初の妃であったナッサウヴィルヘルムの娘ヘレーネ(1831年 - 1888年、後のルクセンブルク大公アドルフの異母妹)の間に第6子としてアロルゼン(現ヘッセン州ヴァルデック=フランケンベルク郡バートアロルゼン)で生まれた。ゲッティンゲン大学ライプツィヒ大学で学んだのち、プロイセン王国の近衛部隊に勤めた。1893年に父の死去によって侯位を嗣ぎ、1895年シャウムブルク=リッペ侯子ヴィルヘルムの娘バティルディス(1873年 - 1962年)と結婚した。

1918年ドイツ革命が発生すると他の王侯たちとともに退位し、君主権を失った。退位後もアロルゼンで暮らし、1946年5月26日に同地で死去した。

子女[編集]

妃のバティルディスとの間には以下の三男一女をもうけた。

先代:
ゲオルク・ヴィクトル
ヴァルデック侯
1893 - 1918
次代:
ドイツ革命により退位)