モーシェ・ダヤン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モーシェ・ダヤン
משה דיין
Moshe Dayan.jpg
渾名 片目のダヤン
生誕 1915年5月20日
オスマン帝国パレスチナ デガニア・アレフ
死没 1981年10月16日(満66歳没)
イスラエルの旗 イスラエルテルアビブ地区 テルアビブ
所属組織 ハガナー
イスラエル国防軍
軍歴 1929 - 1947(ハガナー)
1948 - 1958(イ国防軍)
最終階級 中将
除隊後 政治家
テンプレートを表示

モーシェ・ダヤンモーシュ・ダイアン, משה דיין, Moshe Dayan, 1915年5月20日 - 1981年10月16日)は、イスラエルの軍人、政治家。

第4代イスラエル国防軍参謀総長英語版、第4代農業農村開発大臣英語版、第5代国防大臣、第4代外務大臣

ヘブライ語の彼の名前 משה דיין は「裁判官ダヤン)・モーゼ」という意味になる。第二次世界大戦で失明し眼帯を付けていたことから「片目のダヤン」と称された。

プロフィール[編集]

生い立ち[編集]

モーシェ・ダヤンは当時オスマン朝の領土であったパレスチナキブツ デガニア・アレフ英語版で生まれた。父親はシュムエル・ダヤン英語版、母親はデボラ・ダヤン。モーシェは新設されたコミュニティで生まれた2番目の子供であった[1][2][3]

父シュムエルは現ウクライナジャシキウ英語版[4]から移住したシオニスト運動家であり、アラブとの戦闘でその最期を看取った同志のモーシェ・バルスキー英語版(1885~1913)に因んで命名した[5]

14歳で初期段階のハガナーに参加し、1938年ユダヤ臨時徴募警察英語版に入隊。パレスチナ独立戦争に参加する。

特別夜戦隊英語版軍曹であった時期に、パレスチナを植民地下に置いたイギリスシオニズム支持の将校オード・ウィンゲートから軍事教練を受け、彼の多大な影響を受けた。

第二次世界大戦[編集]

第二次世界大戦勃発直後の1939年10月、ハガナーが非合法化された。ヤフネル英語版の士官養成コースに参加していたダヤンもイギリス当局に逮捕される。懲役10年の有罪判決を受け服役したが、ハイム・ヴァイツマンの尽力で2年後の1941年2月に釈放され、刷新されたハガナーとイギリス軍との連携に貢献した。

ダヤンは連合国軍の一員としてオーストラリア第7歩兵師団に加わり、1941年6月7日シリアヴィシー政権下のフランス軍交戦。双眼鏡で敵陣地を見ていた時、敵の弾丸が双眼鏡に当たり左目を失明した。傷は外眼筋も損傷するほど深く義眼が入らなかったため、以降彼のトレードマークとなった眼帯を着用するようになる。

それ以降、「イスラエルの」、「独眼将軍」、「隻眼の将軍」の異名をとった。ダヤンはオーストラリア軍将校の推薦によって大英帝国で最も高位の殊勲章を受章した。

軍司令官として[編集]

1948年5月15日のイスラエル建国を受け勃発した第一次中東戦争で、ダヤンはヨルダン渓谷の防衛を指揮し多くの重要拠点を防御し、イスラエルの勝利に大きく貢献した。また続く第二次中東戦争でも指揮を執った。

政治家として[編集]

第二次中東戦争後の1959年イスラエル労働党から国会議員になり、農業大臣に就任した。

1967年第三次中東戦争の直前に国防相に任命され、1973年第四次中東戦争でも再び国防相として戦争指導にあたるも、作戦の準備不足などの不手際を批判され、1974年5月に辞任。その後労働党を離れて、メナヘム・ベギン政権の外相を務めたが、意見対立により1979年に辞任した。

晩年[編集]

閣外に去ったダヤンは、新党「国家刷新運動」を結成。1981年のクネセト総選挙で国家刷新運動は2議席を獲得したが、前年から健康を損ない総選挙直後に心臓発作で死去した。

脚注[編集]

  1. ^ Morris, Benny (2001). Righteous Victims. Vintage Books. p. 684. 
  2. ^ Shabbatai Teveth (1973). Moshe Dayan: the soldier, the man, the legend. Houghton Mifflin. p. 1. 
  3. ^ Jewish Women's Archive: Miriam Baratz
  4. ^ Shemuel Dayan Jewish Virtual Library
  5. ^ Taslitt, Israel Isaac (1969年). “Soldier of Israel: the story of General Moshe Dayan”. Funk and Wagnalls: p. 8 

関連項目[編集]

公職
先代:
カディシュ・ルツ英語版
農業農村開発大臣英語版
第7代:1959 - 1964
次代:
ハイム・グバティ英語版
先代:
レヴィ・エシュコル
国防大臣
第5代:1967年6月5日 – 1974年6月3日
次代:
シモン・ペレス
先代:
イーガル・アロン
外務大臣
第4代:1977 - 1979
次代:
メナヘム・ベギン
軍職
先代:
モーデチャイ・マルケフ英語版
Flag of IDF Chief of Staff.svg 参謀総長英語版
第4代:1953–1958
次代:
ハイム・ラシュコフ英語版
先代:
ヨセフ・アビダルヘブライ語版
北方司令部英語版
第3代:1952
次代:
アッサフ・シモニ英語版
先代:
イツハク・ラビン
Symbol IDF Southern Command.svg 南方司令部英語版
第3代:1949–1951
次代:
モーシェ・ツァドク英語版