モジュラーロケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デルタ IV ヘビーの特徴は3本のコモン・ブースター・コアである。;中央の1本は1段目として使用され、両側の2本は補助ロケットとして使用される。
UR-500 プロトン・ロケット 初期設計図

モジュラーロケットは多段式ロケットの形態の一つであらかじめ規格化された複数の構成する部材の組み合わせを変える事で多様な打ち上げ用途に応じる事が出来る。このようなロケットのいくつかは製造単価や輸送費用や打ち上げ支援設備の経費を最小化する為に規格化されたモジュールを使用する事により類似点がある。

特徴[編集]

規格化されたモジュールを様々な打ち上げ需要に応じて組み合わせる事により、規模の経済により、量産効果による生産性の向上、価格低減が期待できるため製造費用、輸送費用、打ち上げ準備の支援費用、準備期間を抑えることができる。概念そのものは目新しいものではなく、宇宙開発黎明期のソビエトでも既に導入されていた。

モジュラーロケットの例[編集]

ユニバーサル・ロケット[編集]

URシリーズとしてUR-100、UR-200、UR-500、UR-700、UR-900が計画され、UR-100は大陸間弾道ミサイルを経て人工衛星打ち上げ用のストレラロコットに転用され、UR-500は後にプロトンロケットになった。

アトラス V[編集]

アトラス V 発展型使い捨てロケットは液体燃料ロケットによるコモン・コア・ブースターを1段目として使用する。大半の仕様においては1本のCCBを固体燃料補助ロケットと共に使用する。より重いペイロードの輸送には3本のCCBを1段目に束ねて使用する。CCBはRP-1と液体酸素を推進剤とするロシア製の推力3.8MNのRD-180エンジンを使用する。液体推進剤タンクは従来の加圧によって形状を維持するタンクではなくアイソグリッド構造による強度設計に置き換えられた[1]

コモン・コア・ブースターの全長は27m(89フィート)で直径は3.81m(12.5フィート)である[2]

デルタ IV[編集]

コモン・ブースター・コアはデルタIVの1段目である。1本または3本の液体燃料モジュールが1段目として使用される。推力2.9 MNの液体水素と液体酸素を推進剤として使用するロケットダイン製のRS-68エンジンが使用される。

アンガラ[編集]

ユニバーサル・ロケット・モジュール (URM)はアンガラロケットのモジュラー式の液体燃料ロケットの1段目である。仕様に応じて1段目は1,3,5または7本のURMで構成される。それぞれのURMはRP-1と液体酸素を推進剤とするロシア製の推力1.92 MNのRD-191エンジンを使用する[3]

ファルコン 9[編集]

ファルコン 9 コアはファルコン9ロケットの1段目に使用される。ファルコンヘビーは標準的なファルコン9の両側に2本のコアステージを液体燃料補助ロケットとして備えた仕様である。それぞれのコアはRP-1と液体酸素を推進剤とするそれぞれの推力が4.1MNのマーリン1Cエンジンを9基使用する。コアは再使用できるように設計される。

OTRAG[編集]

規格化された"Common Rocket Propulsion Units" (CRPU)と称する小型ロケットを束ねる事によって需要に応じた打ち上げを行う。 1970年代にドイツで考案され、アフリカで試験機の打ち上げに成功したが技術的、政治的理由により実用化には至らなかった。

Neptune[編集]

規格化された"Common Propulsion Modules"(CPM)と称する小型ロケットを束ねる事によって需要に応じた打ち上げを行う。

関連項目[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Launch Vehicles, Lockheed Martin
  2. ^ Lockheed Martin Names New Rocket Atlas V, Lockheed Martin
  3. ^ Rocket family «Angara», クルニチェフ国家研究生産宇宙センター
  4. ^ ユニバーサル・ロケット 系列はソビエト連邦の規格化されたロケットシステムの計画である。(軍用&民生用), UR-700計画では1段目に似た設計の液体燃料補助ロケットが使用されるようになっていた。

外部リンク[編集]